人気ブログランキング |

金の枝に翡翠の葉

karimeratei.exblog.jp
ブログトップ

10年日記と大転換期。

お越しいただき、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。
10年日記を、ようやく買いました(選べました)。備忘録も兼ねて、書いてみたいと思います。


手帳や、3年、5年日記に比べれば、圧倒的に数は少ないとはいえ、10年日記も選ぶのに悩みました。
購入したのは、「手帳は高橋」でお馴染みの高橋書店・10年卓上日誌
システム手帳と、サイズは揃えています。

10年日記と大転換期。_b0374171_15050535.jpg

能率手帳改めNOLTYさんより、ちょっと地味?な存在ではありますが。
万年筆使いたいし、ボールペンでも書きたくなるだろうし・・・と、紙質の面と、大きさ、中身のレイアウトも好みに当てはまり、お値段も手頃なので、決定。
書き方で迷走しないよう、3行日記っぽく書こうかな?と考えています。
ちょっと残念なのは、ほぼ日手帳ほど、パタンと開かないところ。最初は書き難いかもねー(^^;
A5サイズが登場したおおきいほぼ日手帳も、選択肢の一つでした。
右側フリーなので、10年分にしようと思えば出来るかも?とも、考えました。
元々紙質は好きだし(ジェットストリーム使うと、後年、黄ばむのが難だけど)、180度パタンと開くのも好き。
でも・・・、“お言葉”が邪魔になって10年分としては使い難いし、表紙が好みではない。・・・ということで、除外。
定番のNOLTYももちろん探しましたが、10年日記は見当たらず(探し方が下手なだけ?)。
10年日記として定番だという、石原出版社の10年日記はB5サイズ。現品を確認して、「大き過ぎるな・・・」と除外。
MDノートでお馴染みのミドリの10年日記は紙質や装丁の良さから悩み、博文館はサイズがよくてもレイアウトが好みでなく・・・。
悩み過ぎて、「システム手帳みたいに、リフィル買ってきて自作すりゃあいいか?」とも考えました103.png

手帳を使っているのに(それもA5サイズで)、保管もしているのに、「何故10年日記も?」と思われるかもしれません。
ほぼ日手帳からスタートした“手帳好き”の生活も10年を過ぎて、“記録”として、機能するようになりました。
発達障害の診断の際にも、過去の手帳のお陰で、答えることが出来た部分もありました。
ただ、各年でまとめているので、見当がハズれるとちょっと手間・・・105.png
10年分、ザックリでも一覧出来れば、もっと簡単かなー?と思ったのも、理由の1つ。
もう1つは、天皇陛下の代替わりが、事前に判っていること。
(昭和から平成へ代わった時のこと、残しておかなかったのが残念なのですー)
そして、自分の年齢です。
50代の10年は、どうなっていくか・・・。
氣学と出会い、鑑定師となり、過去の出来事を振り返ってみると、自分にとっての一大事がちょうど大転換期と重なります
次の大転換期の時はどうなるか、前後でどんな変化が見られるか、一覧で解る様にしておいたら、個人的に楽しいかも⁉106.pngと考えました。
40代、それまでとはずいぶん変化がありましたので、勿体なかったな・・・と思えるようになりましたから。
若い頃、物理的にも精神的にも、何かが積み重なっていくことが、とてもとても怖かったのです。
(これも、発達障害あるあるなのかしら?)
だから、未来年表なんて、書けませんでした。
熊谷社長の【夢手帳】も、ワタミの渡邊社長の【夢に日付を!手帳】も、それこそ、フランクリンプランナーとも出会っていましたけれど。
氣学は9つの星が巡る9年周期で、四柱推命の大運=10年運氣も観ているので、その流れの確認にもなります。
人生の起承転結で言えば、転の前半が終わり、私は後半に入っていきます(これは、四柱で)。
次の大転換期を抜け、還暦を迎える時、どれだけ変化しているか。
今から、楽しみにしてみようかと。
そのために、10年日記も購入しました110.png
※ボケ防止にもなるかも⁉106.png


未来を怯えずに済むように、“今”をゴキゲンに過ごしましょ。
アナタの来年の手帳は、決まりましたか?
POI



人生は自由~♪てことで、自由部門で‼
第三回プラチナブロガーコンテストを開催!


by karimeratei | 2018-12-10 16:49 | 偏愛・手帳と文房具 | Comments(0)