人気ブログランキング |

金の枝に翡翠の葉

karimeratei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:勝手に鑑定( 20 )

『同期のサクラ』考察〜君は太陽〜

クリスマスまで、1ヶ月。
ご予定は如何ですか?
ティファニーがLVMHに買収されたニュースを目にして、若かりし頃、巷ではオープンハートなるネックレスが流行っていたような…なんてことを思い出しました。
えぇ、私は縁がなかったので、持っていませんけれども103.png


そんな、人との縁に焦点が当てられる時期だからか、この時期のドラマは見応えがあるものが多いのでしょうか?
去年に引き続き、今年は『同期のサクラ』を観ています。
名前を知らなかった俳優さんたちも今はしっかり覚え、すっかり感情移入して、泣いたり笑ったり…。
演技が上手いというだけでなく、きっと星の繋がりがいいのでは…?🤔と思って、調べてしまいました。
ネタ的に、お楽しみ下さい。
『同期のサクラ』考察〜君は太陽〜_b0374171_17464871.jpeg
はい、サクラを演じている高畑充希さん、私が「トラブル解決マーン♬」と呼んでいる、同会五黄土星をお持ちでした。
そもそも、本命星が今年運氣の良い(特に仕事運)九紫火星、太陽を表す星ですので、サクラの役にピッタリ。
同期をそれぞれ演じている皆さんにとって、高畑さんが持つ星が、同会五黄を別にしても【キーパーソン】。
環境を整えてくれる、協力してくれる星がそばにいるのは、心強いのです。
第7話、橋が架けられない&おじいちゃんが亡くなってしまったことで、ちょっとおかしくなってしまったサクラですが、空氣がなければ=大事な存在がいなくなってしまえば、消えてしまう火の星ですもの…。
今後、どんな風に再び火を灯すのか、楽しみにしたいところです。
竜星涼さん演じる、「皆を応援したい」菊夫くんだけ、少し立ち位置が違います。
サクラが好き…な氣持ちを秘めているのは、七赤金星さんらしいなぁ…なんて思います。
おチャラケていても、肝心な、本当の想いを表に出すのが下手な星。
本命星同士の相性としても、実はよろしくはない。
もっと強い繋がりとしては、橋本愛さん演じる「怒ると怖い」百合ちゃんなのですよね。
百合ちゃんから観て喋りやすいし、自分を成長させてくれる星を持っている、菊夫くん。
スタート時点で赤ちゃんを抱っこしていたので、恋心を抱いているらしい葵くんとではなく、菊夫くんと結婚…していたら、星の繋がりとしてはベスト106.pngなんてことを想像しています。
菊夫くんの星なら、百合ちゃんの本命星五黄土星の圧の強さ(だから怒るとコワ〜い!)を、上手くあしらうことが出来るのですよね。
菊夫くんにとっては、岡山天音さん演じる「口下手な」蓮太郎くんが、キーパーソンであり生きる道を教えてくれる星を持つ人。
蓮太郎くんは、本命星が六白金星。孤高の星、と言えましょう。
説明、ちょっと下手なんですよね。視点も違いますので、菊夫くんや葵くんのように、サクラに恋心は抱かなかったのかな、と。
そんな蓮太郎くんが、好きだと言った百合ちゃんではなく、年上のすみれさんと付き合っていました。
恋ではなく、愛ということでしょうか…別の人を選ぶ視点について、菊夫くんは考えさせられるかも…しれませんよね。
その中で、何でも言える百合ちゃん…が候補になるのかしらー106.pngなんて…。
周りの空氣を読んでお調子者の様に振る舞ってきた、新田真剣佑さん演じる「チャラい(え?もう言いませんか?)」葵くんですが、サクラとの繋がりの強さは百合ちゃんと同じくらい。
百合ちゃんが男性だったら、蓮太郎くん以外の3人で取り合い状態?…( ̄▽ ̄;)ハハハ
理想を現実にするためには、地に足着いてないといけません。
お父さんとお兄さんと、真正面から向き合えたこと(権力振りかざす、嫌な家族な役でしたねー)、土木部に移れたことも、自己成長のためにはよかったことと言えるでしょう。
地に足着いた葵くんが、火が消えてしまったサクラに火を灯せるのか、はたまた怒涛の勢いで再び百合ちゃんがサクラをドヤしつけて目を覚まさせるのか…。
恋の行方より、氣になります123.png
本命星はバラバラですが、菊夫くん以外の人たちの傾斜=中身の星は、同じ一白水星なのが共通点。
一白さんは、苦労性の星…。それを芯に持っているので、今までのお話にも繋がりますね〜。
菊夫くんは、四緑木星を中身に持っているので、平和主義。皆をさりげなく繋げていきます。
一白さんと四緑さんは仲良し&絆の深い星でもありますから、表面上、たとえ喧嘩が拗れても、いざとなれば助け合える星同士なのです。
主演の今年の運氣がとても良い点に加え、これだけ星の組み合わせが良く出来ているから、ドラマのヒットに繋がっているのかもしれませんね〜169.png

菊夫くんと、菊夫くんにパワハラした桑原部長(丸山智己さん)、星の組み合わせが全部同じでした。
ドラマではありますが、菊夫くんは自分と向き合うことが、実は辛かった…のかもしれないですね?
現実にも、あり得ること。
自分の星を、周りにいる人の星を理解することで、物事はスムーズに進んでいくかもしれませんよ〜102.png
ドラマの配役に当てはめてみた、相性等考察でした。
さて、アナタとアナタの周りはどうかな?
POI
氣学鑑定師 ゆきみ


更新を通知する





by karimeratei | 2019-11-25 19:30 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

力は、正しく使おう。

氣学で出来ることについて、週末書こうと思っていたのですが。
沢尻エリカさん逮捕のニュースを見て、ちょっと考察を書いてみようと思います。

すでに逮捕や所属先を解雇された方で、同じ日の方がいらっしゃいました。
①ピエール瀧さん  1967年4月8日生まれ 本命星:六白金星 逮捕:2019年3月12日
②カラテカ入江さん 1977年4月8日生まれ 本命星:五黄土星 解雇:2019年6月4日
③沢尻エリカさん  1986年4月8日生まれ 本命星:五黄土星 逮捕:2019年11月16日
※この後は、数字で。
①の方は六白金星さんで、本来、ストイックな星。
ストイックが過ぎて、ある日ポキっと折れやすい星とも言えるので、ちょっと注意は必要なのですよ。
たとえ、そんな風に見えないとしても。→各本命星の読み解き参照
逮捕された日は、八方塞がりな日。体感しやすい月の運氣は、“地に落ちる”とも言える低迷運。
六白さんの場合、プライドが粉々になる…という感じかもしれませんね。
運氣に影響する中身の星が、八方塞がりな年でもあるので…まさしく、運氣通りだなー…と思ってしまいました。
が、本命星は年運でプラスの作用が働いているからか、薬物逮捕されても、何だか擁護派が多いように感じたのは、私の氣のせいでしょうか…105.png

②と③の方、同じ五黄土星さん。『破壊と再生』の星ですので、超〜パワフール。
良くも悪くも、どんどん周りを巻き込んでいきます。
それだけパワフルだからこそ、自滅する可能性は他の星の人より高いです。
このお2人は、各人がそれぞれ持つ、他の星の組み合わせも同じです。
超パワフルなんですが、中身の星の影響で、苦労も引き寄せやすい…わざわざ、自分から苦労を選んでいるように思える選択をしていたりします。
②の方が解雇された日は、本命星が”(隠し事が)露見する“、月の運氣はまだ5月なので、人生の基盤固めに重要な月。
③の方が逮捕された日は、本命星自体の運氣は良いですが、誰かの言葉による(タレコミ?)発覚かもしれませんね。
土用を抜けた後の変化の月、或いは自分で喋っちゃったことが、キッカケなのかな?
今年の年運としては、長期の問題解決に適した年。謙虚さが鍵です。
人生の基盤を固めることに、力を使いましょう…という1年。
そう考えれば、自分の人生を作り直すための出来事だと言えるのかもしれません。
本人達にとっては、「最悪‼️」なのでしょうけれど。
(ちなみに、元総理の方にも、このお2人と同じ組み合わせの方がいらっしゃいます。
 是非、日本再生まで、責任持ってやっていただきたいんですけどね。個人的には132.png


同じ本命星だから、全く同じ状態になるかと言えば、そうとは言えません。
どこで生まれたのか、そこからどう移動したのか(特に転居)、周りにいる人たち、住んでいる場所や間取り等の風水、自身が撒いてきたタネは何か…それぞれ違ってきますから。
それでも、こうして有名な方々の不祥事を観ていると、本命星や中身の星の運氣の影響は大きいと、痛感します。
だからこそ、ご自身の星を知って、生きていく上での力として、活用して欲しいと願います。
今年、2019年の運氣は、2020年の節分までです。


読んでくれて、ありがとう。
ピース オブ アイ


by karimeratei | 2019-11-18 12:00 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

幸せのジューンブライド。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
6月の運氣に入りました。
良い人は波に乗って、悪い人はドツボに陥らないよう、頑張りまっしょい。


『幸せになる勇気』を、ようやく読んでいます。
愛とはなんぞや?と未だ解らない未熟者故、探求し続けるしかありませぬ。

幸せのジューンブライド。_b0374171_10461739.jpeg

と、そんなところへ、「ドラマで共演でもするのかな?」と思ってしまった、意外⁉︎な結婚のニュースが。
さっそくお2人の生年月日を確認して、星を調べてみました。
山里亮太 1977年4月14日生まれ 本命星五黄土星
蒼井優 1985年8月17日生まれ 本命星六白金星
どちらも、今年好調期。特に六白さんは絶好調!そんな時期にスタートする結婚、いいですね。
年下の蒼井さんが、決断力有り!の男星。
交際期間が短くても決断出来たのは、この星の影響が強そうです。
(交際期間0日で結婚したという、山本耕史さんも六白金星さんでしたね)
“恋多き女”というイメージがあるようですが、彼女の中身は、悪く言うと飽きっぽい、よく言えば好奇心旺盛な星なので、仕方ないのかも?
でも、夫となった山里さんは、お笑い芸人。
お笑いに詳しくないですが、ボケもツッコミも上手い方ではないでしょうか?
そういう人が一緒であれば、飽きる暇はなさそう。
そして、彼女にとって、彼はキーパーソンの星。
環境を整えてくれる、調整役の星でもあります。
会見でのお話を目にすると、すでにその役割を発揮されてらっしゃるようですね。
九星一パワフルな五黄土星を持つ山里さんは、他の星では抑えることが、ある意味不可能。
彼女のお陰で、抑制することの大切さを、学べるのかもしれません。
相方のしずちゃんが会見時に現れて、写真だけ見ていると「トリオになるの?」という感じですが、しずちゃんにとっても、山里さんはキーパーソンの星。
不仲説があったそうですが(ごめん、よく知らない…)、いくらキーパーソンの星でも、パワーの違いでキツい面もあったのかな?と思います。
蒼井さんとしずちゃんは、中身の星が一緒。
悪く言うと飽きっぽい面は、転じて根に持たないとも言えます。
山里さんは、私生活でのパートナーもお仕事のパートナーも、飽きさせないでいてあげて下さいね(^∇^)
相性が良く、またキーパーソンの星と組み合わさると、これだけ良い面が露わになるのだなぁ…と、星の妙を感じます。
昨年もこんな事を書きました。
結婚相手を選ぶというのは、大事なことです。
『幸せになる勇気』の中で、
結婚とは「対象」を選ぶことではありません。自らの生き方を選ぶことです。
とあります。
そして、
出会いのかたちなど、どうでもいい。
もしもそこからほんとうの愛を築いていく決意を固め、「ふたりで成し遂げる課題」に立ち向かうのであれば、いかなる相手との愛もありえます。
とも。
恋に落ちる、これは純愛だ云々…に、どうしても違和感が拭えなかった私の前に、まるで「愛とは築いていくもの」の見本のように現れたお2人。
今後の幸せを、祈ります。
※人生の大転換期を表す星が、同じ七赤金星。
来年、何か大きな出来事が起こるかな?楽しみですね。※


お節介な話だけど、結婚は、祝福されるのが一番いいと思うのよ(⌒-⌒; )
結婚する氣がある場合は、ね。
POI


by karimeratei | 2019-06-06 12:00 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

血より、愛より、星の絆。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとう。
お初のアナタ、初めまして。ご縁をありがとう。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何かアナタの役に立つことがあったら、嬉しいな。


内田裕也さんが、お亡くなりになりましたね。
「故・樹木希林さんの夫」という認識だけで、功績も何も、よく知らないのですが・・・。
ずっと別居されている・・・という割に、「何だか仲良さそうだなぁ」と感じていたお2人。
すみません、生年月日調べさせていただいて、星の組み合わせを観てみましたm(__;)m
内田裕也さん  本命星七赤金星
樹木希林さん  本命星四緑木星
おやまぁ、内田さん、「少女」星だったとは(^_^;)
なんやかやありながらも、離婚することなく添い遂げたのは、≪絆の深い星同士≫だったからかな。
それに、希林さんにとっては内田さんが、「一緒にいて癒される、安心出来る星」でもあり。
知らない私が見ても破天荒に見える内田さんですけど、希林さんの方が≪ザ・自由≫な中身の星だったからこそ、そうして動けていたのでしょう。
本当に自由な人である希林さんが、羨ましかったのかも、しれませんしね。
内田さんの中身の星、意外と、マイルールでがんじがらめになりがちな星だから・・・(^^;
≪トラブル解決マン≫の星を、義理の息子となった「もっくん」こと本木雅弘さんがお持ちですし、娘の也哉子さんが自由過ぎる(と見える)ご両親含め、一家をピシッと締める六白金星さん。
ご両親共々、娘さんご夫婦も、中身の星は男女逆転していました。
トラブルらしいトラブルを目にしていないような氣がしたのは、組み合わせのバランスが取れていたから、のようです。
ご両親の仲を、お子さんが取り持っている・・・と感じる組み合わせのご家族って、いらっしゃるのですよねぇ。
「“愛”だけじゃ、長い年月やっていけないもんね」と、私は思ってしまいますが、星の組み合わせは血の繋がりの中でも大事です。


内田さん希林さんご夫婦、今頃、また再会してらっしゃるのでしょうか?
一応、私も夫とは≪絆の深い星≫の組み合わせなのですけど・・・、私が先に逝っても、すぐには来てくれないだろうなぁ(´-∀-`;)
だって、夫は「一人が好き・・・(そして一人でいるのが平氣)」な星なんですもの103.png
今世でいろいろ迷惑掛けてるから、そうだったとしても、氣長にアチラで待ちますかね。
私が居なくなった年月を、それなりに楽しく暮らしてもらえるよう、今から、アレコレ準備しておきますかぁ。
(こんなこと言ってる方が、長く生きがち・・・144.png)


勝手に鑑定、ごめんなさい。
お2人共、安らかに・・・。
アイスブルー・・・


by karimeratei | 2019-03-18 18:36 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

誘惑に負けないって、難しいね。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとう。
お初のアナタ、初めまして。ご縁をありがとう。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何かアナタの役に立つことがあったら、嬉しいな。



目にした当初「面白くないネタかしら?」と思ったくらい、思いがけない逮捕劇。
さて・・・ピエール瀧さん、何故かしら?と生年月日を調べてみたのです。
ここからは、私が勝手に星を観ての推測です。ネタ程度に、どうぞ。
本命星は、六白金星さん。
今年2019年は、以前ちょっとお伝えしているように最強運氣
「それなのに、何で逮捕されるようなことになってんのよ?」と思われるでしょうが、だからこそ、表沙汰になったのでしょう。
これ以上の転落を防止するための、やり直しのキッカケとして。
ネットニュースやそのコメントの論調を見ていると、バッシングより、擁護の方が多いように感じます。
薬物だと、いくら被害者がいないとしても、今までだったらバッシングの嵐・・・だったのではないでしょうか?
運氣が強い今年だからこそ、擁護の流れが強いのでしょうし、すでに復帰を願っている人たちもいらっしゃる。
そもそもが、六白金星さんは折れたとしても、復活出来る星。それだけの強さと頭の良さを、お持ちのハズ。
中身の星も、ブレない星です。
星の組み合わせから観ると、精神的に弱って・・・周りに流されて・・・手を出したというより、「オレは(薬ごときに)飲まれない」という己への過信が、根底にあったのではないでしょうか。
ここ最近では2017年が、六白さんにとって判断を誤りやすい年でしたし。
普通にお仕事をされてらっしゃったという点では、飲まれてはいなかった・・・と言えそうですが、たくさんの人を悲しませてしまう(であろう)、という視点を見失っていたのだとしたら、傲慢でしたね。
相方の石野さんの方が、傷付いていそうです。表面上は、そう見えない星をお持ちですけども。
電気グルーヴの曲は『Shangri-La』1曲しか知らない私でさえ(^^;、ちゃんと名前と顔を覚えているので・・・何だか悲しいですね。
バシッと拒絶出来て、オカシくない星でもあるから余計に・・・。
それだけ、芸能界という場が麻薬に汚染されているということなのか、引っ張り込もうとする輩が跋扈しているのか。
バチカンの新7つの大罪の中に≪麻薬中毒≫が盛り込まれるほど、薬は蔓延しているのですねぇ・・・。

いくら生年月日から星を導き出して読み解いたとしても、私の推測でしかありません。
ご本人とお話出来るようなことが仮にあったとしても、「まったく違うね」と一蹴されてしまうかもしれません。
そのくらい、この星(中身の星も合わせて)の方は、自分を読まれることは嫌うでしょう。
真相は今後解ってくるのか、闇の中なのかも解りませんけれど・・・せっかくやり直しの機会が与えられたのですから、薬物とは手を切って、再起を果たしていただきたいものです。
犯罪を犯していても、芸能界って受け入れちゃうもんね?・・・116.png


【7つの習慣・第2の習慣~終わりを思い描くことから始める~】って、やっぱり大事だなぁ。
私は大切なモノをこれ以上失いたくないので、悪い縁は結びたくないです119.png
アイスブルー・・・

※勝手に鑑定、すみませんm(__)m



by karimeratei | 2019-03-14 17:54 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

そんな自分になりたかった?

お越しいただき、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。
節入りです。12月の運氣が本格的に動き出しますね(^^)



前回、とろサーモン久保田氏とスーパーマラドーナの武智氏のことを、反面教師として書かせていただきました。
三碧木星さんは、「来月(1月のことですよー)八方塞がり」と注意喚起しましたが、とにかく、この12月運氣で落とし穴にハマれば、八方塞がりへ一直線になってしまいます。
本命星=生まれた年に、三碧木星さんを持つ人が一番注意が必要ですが、次いで中身に持っている人、そして役割に持っている人も、氣を付けて欲しいのです。
と、書かなきゃいけないかな?と考えていたら、役割に三碧さんを持つお方のニュースを目にしました。
貴ノ岩が暴行
昨年、『冷ややかな戦い』を書きました。
元親方さんも貴ノ岩さんも、動じないでいることが、苦手な組み合わせだったな・・・と、改めて思います。
貴ノ岩さんは役割に三碧さんを持つので、一見、本命星三碧さんのように見られる、言動行動に出しやすいお人。
「やらなきゃ(言わなきゃ)いいのに・・・」ということを、やりがち、なのですね。
対して、引退した元横綱さんも伊勢ケ浜親方さんも、動じないでいられるタイプ。黙っていられる。
親方が逆だったら、貴ノ岩さんはまた違った状況だったのでは・・・と、つい考えてしまいます。
あんな騒動になって、支えてくれるハズの親方が側からいなくなり・・・いくら成人していたって、孤独に強い星でも、辛くなりませんかね?
孤立もしていたでしょうし、新しい部屋の親方さんが表向き支えていたとしても、本当の意味で支えとなっていたかは・・・解らないですよね?
とはいえ、暴力はいけません。まして、目下の者に。
負の連鎖はしやすいと言われますが、そんなことのないよう、踏ん張って欲しかった。
今年が大転換期だと、昨年書いていましたね(すっかり忘れてた・・・)。
良い意味で、人生に関わる転換となって欲しかったです。せっかく、本命星一白水星は、好調期なのですから・・・。
昨年の騒動の真実が、貴ノ岩さん側に「正義はあり」だとしても、もう・・・立場は悪くなってしまいましたよね。
すべて、今更・・・ですが。
本来、役割の星は運氣にそれほど大きな影響は与えないですが、本命星との関係性、今までの種撒き、大転換期か否か・・・等で、いくらでも大きなキッカケになり得ます。
※貴ノ岩さんと同じ組み合わせの人、誰かいたなー・・・と思ったら、キムタクさんでした。
 キムタクさん、ご注意をば(ファンではありません123.png)。


自分自身の持つ星の意味や運氣を把握して、氣を付けるべきことは氣を付ける。
周りとの関係性はどうなのか、理解しておく。
自分にとって、正しき道を教えてくれる師を仰ぐ(怒らない人が良い師だということでは、ないです)。
解っていても、どうしたって他の人に(他の星に)はなれないから、良い面が前面に出るよう、コツコツと努力あるのみ・・・。
POI


この歌を思い出しました。
↓SUPER BEAVER『予感』


アナタは、どんな“自分”に会いたいですか?



自由部門でお願いしまーす。
第三回プラチナブロガーコンテストを開催!


by karimeratei | 2018-12-07 15:42 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

反面教師と思ったニュース。

お越しいただき、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。
夏日のところもあるそうで?105.pngさすが、九紫火星の年‼174.png・・・と言ってていいのかなー?
お蔭さまで、やろうやろうと思いつつ出来ずにいた、食器棚の片付けが出来たのはよかったです。


いろんな面で隠し事が露わになったり、争い事が表面化したり・・・が、九紫火星の年ならでは・・・と言えます。
国同士の争い事など、勘弁してくれ・・・と思うのですが、身近な人間関係がこじれるのも、避けたいところです。
個人的に、お笑い番組は好きではないのでネタが解りませんが・・・さっそく運氣の落とし穴にハマっちゃったのね・・・と思われる方々のニュースが・・・。
上沼恵美子さんの審査に対する不満、批判をTwitterでされて、逆に、自分たちが炎上して謝罪することになったと?
実際に、ちゃんとご本人に謝罪しに行かれたのでしょうか?
12月の運氣を前倒しで被っているのが、とろサーモンの久保田氏。
本命星三碧木星、・・・悪目立ちになっちゃいましたね。
三碧さんは“そそっかしい”“早とちり”等、早い行動が悪く出るところがあるので、注意が必要です。
言うのは容易いけど、自分が言われたら、弱いのにね。ポロっと口に出しちゃう。
久保田さんの場合、中身が苦労性の一白水星さんなので、無意識に地雷を踏みにいったのかもしれませんし、炎上もネタの1つ‼と仰るなら、あっぱれですけど。
一緒に発信されていたという、スーパーマラドーナの武智氏。
こちらの方、本来であれば久保田さんを止めていておかしくない、平和主義の本命星四緑木星&中身は“父”を表す六白金星なのですが・・・。
年運が要注意の今年、それも後半は一番氣を付ける必要がある時期。そして月の運氣も低迷しているので、ホント、慎重に過ごす必要がある時期なので・・・悪さがここで出ちゃった、というところでしょうか。
【追記 中身の六白さんは、父を表す=オレが一番正しい‼オレの言うこと聞いとけ‼と、なりやすい面があります。M-1の結果が振るわなかったのは、「オレのせいじゃない‼コイツのせいだ‼・・・としたくて(視聴者の賛同を得たくて)、いつもは隠れている部分が、顔を出しちゃったんでしょうね】
批判された上沼さん、今年を司る九紫火星が本命星なので、批判を受けやすくはあるのですけど。
一見強そうな、役割の星がそれこそ六白金星さん、でも中身は「お母さん」の二黒土星。
実際のとこどうなのかは、お笑いが好きでもなく、詳しくもない私が言えることではないですけど、星で言えば、「お母さん」が贔屓したくなるのは、まぁ・・・解るじゃないですか。
それに、「審査員、引退」と言いたくもなるでしょうねぇ・・・。
この批判が原因と言わなくても、“子供たち”に傷付けられたら、その傷は深いのでは?
・・・そもそも、上沼さんが“男性”だったら、こんな批判の仕方をしたかしら?
「更年期か‼」という批判は、男性にも更年期があるということを解った上で、言ってるのかしら?
別に上沼さんのファンではないけれど、こういうことを見聞きするに、人間関係の難しさを考えさせられます。
(個人的に、酒のせいにする人は大嫌い144.png)


久保田さんは、来月“八方塞がり”の運氣。←三碧さんたちー、氣を付けましょうねー。
武智さんは月の運氣は上がりますけど・・・年運の悪さと、冬の土用で、立て直せるかな?←四緑さんたちー、ホント・・・ホントに慎重に過ごさないとー。
不平不満を言いたくなる氣持ち、よーーーーく解るつもりなんですが、タイミングや方法を間違えると、すべて自分に返ってきます。
私自身、要注意の発達障害者なので、本当に反面教師です。
発達障害じゃない人でも、月の運氣がよろしくない人、年運の悪さを解っている人、大転換期の人、実は凶方位にいっぱい行っちゃってる人・・・。
深い落とし穴にハマらないよう、氣を付けないとね。這い出るのは、大変よ・・・119.png←凶方位にいっぱい動いてきた人・・・


「自分の運氣や動いた方位ってどうなのかしら?154.png」と氣になった方は、鑑定してねー。
日々ゴキゲンに過ごして、難は軽やかに回避していきましょ。
POI





自由部門でお願いしまーす。
第三回プラチナブロガーコンテストを開催!


by karimeratei | 2018-12-04 17:58 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

やっぱり星の相性を侮ってはいけないなー・・・としみじみ感じた件。

お越しいただき、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。
土用が明け、水の季節に入りました。
例年より暖かいのは、やはり火の星が司っているからでしょうか?

ちょうど1ヶ月前に、“良好な関係性の、なんと奇跡的なことよ・・・”と書いていました。
ふと、10月にご結婚された高円宮家の絢子さまと、お相手の方の相性が氣になりました。
トントン拍子に進んだなぁと、思ったので。
(皇室の方のご結婚ですから、お抱えの鑑定師さん等がいらっしゃるのでしょうね(^^))
勝手ながら、この場で観立てをすることを、お許しいただければと思います。
星の相性は本命星(生まれた年を司る星)だけで決まるものではないのだと、参考にしていただければ幸いです。
お相手の守谷慧さん  1986年3月24日生まれ
高円宮絢子さま    1990年9月15日生まれ
旦那さまとなった守谷さんは、本命星が五黄土星さん。生命力旺盛な、周りへの影響力が強い星。
嫁がれた絢子さまは、本命星が一白水星さん。周りに合わせられる、愛情深い星。
本命星だけで観れば、土の星と水の星で、相剋(そうこく)・・・決して、相性が良いとは言えません。
ですが、もっと突っ込んで観ていくと、守谷さんにとって絢子さまがキーパーソン&癒しの星を持っています。
一緒に居て、精神的に落ち着いたり、物事が整っていくお相手・・・となります。
絢子さまからだと守谷さんが、年上だというだけでなく、成長させてくれる、氣付きを与えてくれるお相手・・・となります。
また、星で観ると、守谷さんの方が話好きで、絢子さまがそれを受け止めるとなるので、ご家庭でのバランスも良さそうです。
他愛もない話が出来るって、大事ですもの。
ただ、いつも絢子さまが合わせ過ぎて、お疲れにならないように~(^^;とは思います。
末永く、お幸せに。


比較してはいけないのですが、なかなか進まない(障害が発生する)場合、やはり・・・星の相互の相性に疑問があったりします。
後から後から問題が出てくる・・・そんな時は、一度冷静に立ち止まって、周りの意見も聞いて、客観視してみることを勧めます。
家柄の良し悪し問わず、誰かと縁を結ぶというのは、そこからいろいろな関係性が繋がっていきますから。
見た目、家柄、学歴・・・絶対とは言い切れません。
最終的に選ぶ=決断するのはご自身ですが、20代30代の女性だけでなく、結婚を考えている方には、ちょっと考えていただけたらな・・・と思います。
良きご縁が繋がりますように。
笑顔で、過ごせますように。
ピース オブ アイ

※勝手に鑑定して、すみませんm(__)m




by karimeratei | 2018-11-10 16:46 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

『僕らは奇跡でできている』に観る、適材適所の関係性。

お越しいただき、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。
昨日『僕らは奇跡でできている』のことを書いたので、「そうだ、観てみよう」と生年月日を調べてみました。
お楽しみいただければ、幸いです。

主演の高橋一生さん。1980年12月9日生まれ。
男性ですが、本命星は女性星の二黒土星さん。「お母さん」の星ですね。
ご兄弟の面倒を、ずいぶん若い頃からされていたそうですが、本命星的に納得です。
では、優しいと言えば聞こえはいいけれど、優柔不断なタイプなのか?と言えば、そうとも言えません。
中身の星は、男性星の六白金星さん。決断力のある星、ナンバーワンですね。
なので、一見優し氣ですが、時に厳しい面を見せる方です。
1回目の最後の方で、歯医者さんにグサッとくるひと言を放っていましたねぇ。
中身の星が、チョロッと顔を出した瞬間・・・(^^;
そういう点が強調された役など、ハマり役と言えそうです。
ダイハツCMの『俺様教官編』の教官や、観なかったのですが、『民王』の貝原さんですか?こちらなんかも、いい感じです(≧▽≦)キャハハ
氣を付けないといけない点は、“好調になると、足を引っ張られてしまいやすい”こと。
キッカケは、女性・・・特に若い女性に注意が必要になります。
(ネットでサラッと調べた限りでは、元カノさんの中のお一人、絆も深くてキーパーソンでもあって、よかったのですが・・・。土の星同士だと、頑固さが悪くでちゃったのかしら?)
今回の主人公は「変わり者」の大学講師、良く言えば「少年のような」好奇心に溢れたお人。
高橋さんの持つ役割星と重なるので、どう演じていかれるか、楽しみです。
そんな主人公を取り巻く人々ですが、ちゃんと、絆が深かったり、キーパーソンの星でした(*'▽')アラマー
どういう関係性になっていくのか?歯医者さん役の榮倉奈々ちゃんは、キーパーソンの三碧木星さん。
三碧さんは若々しさと、女性でも少年っぽさを持っているのです。
まだまだお若いですけれども(^_^;)、歳を取っても若々しさを保つと思われます。
好奇心旺盛な星でもあるので、主人公の言動行動に、興味津々になっていくのか???
グサッとくることを言われていましたけど、興味を持つのか、な?
ご両親は亡くなっている設定なのでしょうか?、おじいちゃんの田中泯さんは絆も深く、キーパーソンでもある星。
静かな佇まいが素敵ですが、それもそのはず、本命星が一白水星さんでした。
(本来は舞踏家さんなのですねぇ(゚д゚)!)
大学の同僚役の要潤さんも、本命星が一白さん。
私の中では、怒鳴り声が似合わないな~と思っていたのですが、一白さんなら納得。
嫌味を言う役のようですが、ナニゲに仲良くなっていくのかなぁ?本来、愛情深い星なのだもの。
美味しそうなご飯を作っている、家政婦の山田さん役・戸田恵子さん。
“少女”を意味する星ですが、飲食にも関わる七赤金星さんなので、何だか納得(´ー`)七赤さんも、絆が深いのです。
そして、楽しそう( *´艸`)ピッタリ
美味しいご飯を作ってくれるお人、私も欲しいです~~~←切実・・・料理が苦手なのは、発達障害あるあるかなぁ?(・・?
主人公を見守る?教授役・小林薫さんは、本命星が四緑木星さん。
縁を繋ぐ、陰のまとめ役の星と言えましょう。こちらは、絆が深く、安心して一緒に居られる関係の星。
事務長の熊野さんに注意されてるところに助け船を出していましたが、ピッタリですね(^^)

「は・・・発達障害設定だったの・・・?(^^;」と、第1回目を観て、つい思ってしまいましたが。
こうしてそれぞれの星に合うキャスティングをされていると判ると、今後の展開が氣になってきました。
しばらく、火曜日21時は、テレビの前に陣取ることになりそうです。
アナタの周りには、相性の良い星の人がいらっしゃいますか?
良好な関係性の、なんと奇跡的なことよ・・・。
POI



by karimeratei | 2018-10-11 20:34 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

安室ちゃんとイモト。

お越しいただき、ありがとうございます。
7月も終わりですね。個人的には、「長かった・・・」と感じています。
運氣はまだもう少し続きますが、年盤月盤の星の配置が重なる月だからか、いろいろ・・・ありましたね・・・。

29日の『世界の果てまでイッテQ!』で、イモトさんが、大ファンの安室ちゃんと共演されたとか?
そういえば、安室ちゃんは今年引退を表明してましたね。
俄然、興味が湧いてきたので、また勝手に観たところ・・・。
安室奈美恵さん  本命星五黄土星
イモトアヤコさん 本命星六白金星
あらやだ、私ったら逆に思っておりました。
それもそのハズ、安室ちゃんは本命星は五黄さんですけど、役割も中身もイモトさんが本命星に持つ六白金星なのです。
安室ちゃんの場合、こちらの方が、色濃く影響しています。
ザ・父、政治家、決断力のある、六白金星。
だからスッパリ「引退します」と言えたのですねぇ。
昨年の六白さん、シンドい年でしたから・・・。
いくら生命力旺盛の五黄土星が本命星でも、心が折れちゃう何かがあったのかな・・・?
対してイモトさんですが、小学生の頃からお好きなんですね?安室ちゃんのこと151.pngスゴイ・・・
中身は、ブレない山・・・八白土星ですから、本当にずっと安室ちゃん大好き‼でいるのでしょう。
スゴイ・・・スゴイわ、イモトさん。
そんなお2人、星の上で共通点がありました。
今年は、九紫火星という星が司っているのですが(火の星なので、熱い・・・)、お2人とも、今年は人生の大転換期に当たるのでした。
安室ちゃんは本命星の運氣通り、引退・・・表舞台から姿を隠すこととなりました。
イモトさんは、今年好調期の入り口です。その年に、大好きな方から「きっと大丈夫です。イモトさんなら」と言ってもらえたら・・・ますますお仕事頑張っちゃいますよね102.png
だって、活躍すればするほど、引退した安室ちゃんが、どこかで目にしてくれるのですもの。
そう、仕事に楽しみ見出すタイプ・・・なのです、2人とも。
未だ、男性陣にはウケがよろしくないかしらねぇ?
更に、安室ちゃんは元都知事の石原さんと星の組み合わせが一緒。
政治家・・・イケるんじゃ⁉なんて、チラッと頭を掠めましたよ~(^m^;)フフフ・・・
私個人的には、仕事大好き♪であろうお2人(やそういう女性たち)、応援します~169.png

六白金星さんは、調子良い時に足を引っ張られやすかったりします。
男女問わず、しっかりサポートしてくれる裏方の人、人生のパートナーと、縁を結んで下さいね。
イモトさん個人は、口周りが弱点なので(歯が弱い、口内炎が出来やすいとか、暴飲暴食しがちとか)、そこは氣を付けて~。
安室ちゃんは、氣管支とか呼吸器系に現れやすいのです。まずは体を休めて、長年の疲れを癒して下さいね。
(運氣だけじゃなく、体の弱点も把握しておくと、体調管理に役立ちますよ~109.png)

本命星の持ち味を最大限に活かすと、影響力は計り知れないのですよねぇ。
これからも、貴女のその力強さを、どうぞ活かして下さいね。安室ちゃん。
POI

※安室ちゃん、イモトさん、勝手に鑑定してすみませんm(_ _)m



by karimeratei | 2018-07-31 22:00 | 勝手に鑑定 | Comments(0)