人気ブログランキング |

金の枝に翡翠の葉

karimeratei.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「乗る」から「愛でる」へ、完全移行。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
先月も書いておりましたが、1つ、氣掛かりなことを減らしてきました。




いちいちinstagramに載せることもなかろーに…と、ツッコまれそうですが103.png
まだまだ承認欲求が旺盛な未熟者…てことで、お許し下さいな。
田舎なんだし、車は必要じゃないか?
(バス便は充実しているとは、言い難い…)
夫に何かあった時に、どうするのか?
それこそ、義父に何かあった時は?
などなどなど…。
せっかくの『ゴールド免許』、勿体無くない?なんてことも。
だけどだけど…私が理不尽な事故を“起こした側”になってしまったら…。
そちらの方が、私には余程苦しいこと。
これこそ、「主体的である」ことが大事!(←『7つの習慣』参照104.png
免許センターまでのバスに乗るのが苦手で、ウダウダしてしまいましたが、ようやく、行ってきました。

唯一、残念かな?と思うのは、クラシックミニに乗れなかったこと。
でもまぁ、仕方ない。
自分の「好き」が何かを、ちゃんと解っていなかった自分が悪い…決断、出来なかったんだから。
今後は、ミニ乗りさんたちがupする写真を、愛でることに致しましょう。

「乗る」から「愛でる」へ、完全移行。_b0374171_20494224.jpeg
あれ?真ん中の「テキスト」って何だ?119.png


便利な世の中だからこそ、運転免許を手放せることに、感謝。
POI


by karimeratei | 2019-05-31 20:00 | 日々是好日 | Comments(0)

要するに、好きなんだね。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
28日は、方位取りスペシャルデー最後の日でした。
(他の日に、方位取り出来ない、という意味ではありません)
今回は友人と、共通吉方位で東京都美術館へ行ってきました。


要するに、好きなんだね。_b0374171_21201188.jpeg

クリムト展 ウィーンと日本1900』。
平日でもたくさんの人でしたが、無事、観て回ることが出来ました。
発達障害をカミングアウトして、すでに1年。
「迷惑かなぁ…」と距離を開けていた友人を思い切って誘ったことで、楽しい時間を過ごせました。
自分がどうしたいのか、改めて考え直すことは大事ですね。

帰りに、「せっかく都内に来てるのだから!」と、つい先日寄ったフランクリン・プランナー八重洲地下街本店さんにも立ち寄り、買い忘れてたマスターフォームパックを買いました105.png
その際、友人から「すごく楽しそう」と、ひと言。
自分ではフツーにしていたつもりですが、どうやら手帳バカぶりが、ダダ漏れしていたようです。
そう考えると、他の手帳たちの時は、ダダ漏れっぷりは無かったのかもしれません。
『7つの習慣』の理解が完全ではなくても、私はフランクリン・プランナー(以下、FP)が好きなのですねぇ。
この点、氣学にも通じます。


美術館で購入したポストカードを使って、さっそくデイバイダーを作りました。
DAISOの手貼りラミネートの余りを使い、大きさを揃えて、パンチ。
この『接吻』は展示されてなかったので、せめて手帳の中で…(*´ω`*)
横顔は、『へレーネ・クリムトの肖像』。

お譲りします』には、“使うとしたらクラシックサイズ”(A5サイズとほぼ同じ)なんてことも書いてましたが、使い始めたのはコンパクトサイズ。
市販のバイブルサイズと、穴の位置が同じ物です(横幅は違いますよー)。
市販のミニ6、A5、独自サイズのポケット…を使ってきて、機能性のみを選び過ぎると結局続かない…ということみたいです。私の場合は。
ミニ6、ポケットサイズは、「持ち運びに便利だから」。
A5サイズは、「ルーズリーフも使おうと思えば使えるし(穴を開け直せば、ね)、安上がりに使えそう」。
いつも“理由”を探して選んでいたのですが、「何かわかんないけど、何でか好き106.png」という感覚を、無視してはいけなかったのですね。
毎回、それなりの理由を言って購入して、使い始めて、また変えて…とやってきたのですが、今回のFP再開に関しても、「いいんじゃない?」と言ってくれた夫に感謝。


生きることも、「意味なんかわかんないけど、楽しいよね」…そう1人1人が感じられる社会になるといいなぁ…なんてことも思います。
発達障害である私は、一歩間違えば、危ない選択をしていたのかもしれない。
過去の嫌な思い出を忘れてはいないからこそ、余計にそう、思います。
「何かわかんないけど、好きだー」。
この感覚を軽視しないで、過ごしていきたいと思うのです。
それを教えてくれる氣学が、FPが、「好きだー169.png」。
さぁ、アナタも氣学沼、手帳沼へ104.png

アナタも幸せ。私も幸せ。
ピース オブ アイ




by karimeratei | 2019-05-30 08:00 | 偏愛・手帳と文房具 | Comments(0)

発達障害と手帳〜衝動性を鎮める〜

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
今月3回目のスペシャルデーです。
ご自分の吉方位を確認してらっしゃる皆さま、方位取りを楽しんで下さいね( ´ ▽ ` )ノ
我が家は夫が、そして身内の姉夫婦が、最大吉方位へ出掛けています110.pngフフフ〜



先月、現在の手帳構成について、書きました。
そして、今。
こんな風になっています。


手帳好きな方、手帳迷子の方、続きをどうぞ
by karimeratei | 2019-05-25 13:30 | 偏愛・手帳と文房具 | Comments(0)

人生50年〜♬で発達障害の私が思う、「自分の子供が欲しい」発言について。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何、この荒天…149.png


お外が荒れてるように、何だか心がザワつくニュースが目に飛び込んで来てしまいました。
…。
自分の子供が欲しい」と夫から言われたら、50を過ぎた女性は「わかった」と言うしかないよね?
あ、私の場合は別れるにしても、「はぁ?私が年上なの解ってて、子供は無理だと解ってて、結婚したんだよね?ねぇ?」と、詰め寄りそう103.png
だってそうでしょ?
男性は論理的で、女性が感情的だとよく指摘されるじゃない?
子宮で物を考えるだの、ヒステリックだの。
なら、冷静に、事実を1つ1つ積み上げて、話していくしかない。
「今更」、「どうしようもない事を何故言うのか?」と。
「貴方にとって、子供とは何ぞや?」と。
「障害があっても、責任もって育てられるのか?」
「五体満足でも、グレないとは限らないよ?」etc
とはいえ、当事者のタレントさんは、それをなさらなかった。
怒りがあっても、それ以上に愛情があったのか、プライドからか。
生年月日から星を観てみると、生まれた年は九紫火星ですが、節分前のお生まれなので、本命星は前年の一白水星さん。
…一白水星さんは、苦労好きというか、苦労性というか。
何故か大変な方を、選択してしまいがち。無意識に。
この方の場合、役割がトラブル解決マン!なので、元旦那さんはこれから大変だろうなぁ。
元旦那さんは一応?一般の方ですから、生年月日の詳細は見付けられず。
どうやら本命星は四緑木星さんなので、相性自体は良いのです。年齢差はあっても。
人当たりが良く、第一印象は抜群にヨロシイ四緑さんですけど、悪いとこは「内弁慶」「口だけ(理想は語れても実行力が伴わない)」なのですよねー。
旦那の理想を現実化してきた、年上嫁…というところでしょうか。
だがしかし。
子供だけはどうしようもない…ですよね。自然妊娠を第一と考えるなら。
でも!でもさ‼︎
「“自分たち2人の子供”を育てたい」 なら、お金がある人だったら、手段はいろいろあったよね?
血の繋がりをどうしても捨てきれないなら、体外受精とか、代理母出産とか。
血の繋がりを考えなくてもいいなら、里親制度とか?
もっと違う方法で、“自分たちの子供”を育てることは、出来たはずよね?
2人の子供が欲しかったわけではないなら、夫婦って、何でしょうねぇ?
本当の愛なら、別れる選択なんてしないよね?年齢差があったって。周りから、何を言われたって。
夫にとって、妻は【子供を生むだけ】の存在か?
男にとって、女性は子孫繁栄の道具なだけか?
出生数が減っているのは、男が女を蔑ろにしているからじゃないの?


トラブル解決マンの星を持つ人が側にいたら、とっても助かるのになぁ。
実行力に乏しい星の人は、大変よ?
相性もだけど、環境を整えることは、とっても大事なの。
後悔しても遅い…てことは、人生の中で本当に起こること。
ニュースを見てると、つくづく、考えさせられます。
そんなことにならないように、良かったら、氣学を役立てて下さいね。
女性は特に、結婚でいろんなことが変わるのですから。
愛だけで乗り越えられる事ばかりじゃ、ないから…。
人生、出来ればいつだってゴキゲンでいたいものね。
子供がいてもいなくても、女性がゴキゲンでいられる社会でありますように…。

ごめんね
許してね
愛してるよ
ありがとう
POI


※不妊治療や里親制度について詳しくないのですが、不愉快な表現でしたらすみません。
※子供との縁を結ぶためには、他に方法があるのかもしれません。


by karimeratei | 2019-05-21 13:30 | 学び | Comments(0)

薔薇に誘われて。②

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
昨日の続きを仕上げたいと思います105.png


展望台からひとしきり海を眺めて、もう1度、薔薇を巡りました。
港の見える丘公園、広いんですねぇ。
人が少ない方少ない方と歩いていたら、ここに着きました。
ここ↓
薔薇に誘われて。②_b0374171_11151053.jpeg
涼みたくなって、入ってしまいました。






続きはこちら。
by karimeratei | 2019-05-18 13:30 | 氣学を活かす | Comments(0)

薔薇に誘われて。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
昨日は暑かったですねぇ105.png

そんな暑い中、方位取りで、横浜までお出掛けしてきました。
今月2回目の、スペシャルデーです。1回目→『望む未来へ、まず一歩』。
FUJITURU22さんのブログを拝見して、以前から氣になっていた『港の見える丘公園』へ。

薔薇に誘われて。_b0374171_12582307.jpeg




写真多いですが、よろしければ続きをどうぞ。
by karimeratei | 2019-05-17 13:30 | 氣学を活かす | Comments(4)

『自分を守る』ということは。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
先日、とうとう50歳となりました。
半世紀、生きているのかー…としみじみ…(´ω`*)遠い目…


50歳。『天命を知る』歳になって尚、お恥ずかしながら、また!『手帳病』の季節が巡って参りました…。

発症はしましたが105.png、闇雲に「あの手帳が欲しい〜」「フランクリンプランナーに戻るっリフィル買わなくちゃ!」等々とはなっていません。
(当たり前…)
亀の歩みで理解を進めてきた『7つの習慣』の教えや、発達障害の症状についての理解が、多少なり、衝動性を抑えてくれているようです。
ずいぶん成長してしまってからの理解ではあっても、知らないままよりはいい。
そう、納得しています。
最近の、事故やそれに伴う誰かの死のニュースを目にすることで、余計に、そう思うのです。
そして、昨年、通院先の待合室でちょっと読んだ本の、この言葉を思い出します。
『「自分を守る」ということは、本当は、「罪を犯さないこと」なのです』
怒らないこと2 より抜粋〜
『7つの習慣』の中に、【終わりを思い描くことから始める】という習慣があります。
この第2の習慣と先述の言葉を考える時、迂闊な行動をしないよう、戒め、律することがとても大事なのだと痛感します。
人生の終わり頃になって、積み上げたものを全て壊してしまうような、まさしく積木くずしな行動は、したくありません…。
俯瞰すること、長期に考えることが苦手だからこそ、せめて「どういう状況になるのが嫌か」は解っていないと、間違えてしまいかねません。
実際、私は過去の選択の中で間違えてしまい、後悔してもしたりないくらい、時間の無駄使いをしてしまいました…。
もう二度と、そんな風になりたくない。まして、発達障害と判ったわけですから。
自分を守ることで、他者を守ることに、ちゃんと繋げたい。

頭の中が多動でもあるので(ADHDの方は「あるある」?)、せっかく意識したことも、忘れたりします。
だからこそ、手帳が必需品。相棒です。
どの手帳を使うにしても、“真北”を間違えないよう、コンパスを見失わないように。
…とか言いながら、またフランクリンプランナーに戻ってたら、もう2度と目移りしないぞっっ(出来るかなー?)


最期までゴキゲンに過ごしたいですね。
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI

by karimeratei | 2019-05-14 18:00 | 学び | Comments(0)

発達障害と表情。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
借りたお金を返したいと探す人、咄嗟に助けることを選択出来る人の良いお話をネットニュースで見て、「心豊かな人でありたい」と改めて思うのです。


先日、ヨガを始めたことを少し書きました。
体が硬いので、無理なく動けるポーズしか出来ませぬ…。
ヨガのベテランさんたちなら超簡単であろうポーズで、「あら…こんなに腹筋背筋衰えてるのね…」と、現実にようやく氣付いたりもします。
そんなポーズをした時、ワタクシ、「フフッ…」と笑ってしまったのです。
インストラクターさんの声かけは、「苦しい時に笑顔、イイですよ〜164.png」でした。
その言葉を聞いて、「笑っていいんだ」と、ストンと腑に落ちた氣がしました。

発達障害と表情。_b0374171_13540747.png
このポーズ、いつになったら出来るかなー…

“苦しい時に笑顔”とは、頭では解っていたのです。
漫画やドラマ、映画でだって、目にしています。
なのに、私は自分自身に許せていなかったのです。
親から、先生から、「笑うな!」「何ヘラヘラしてるんだ!」…それが、私が笑った時に投げられる言葉のほとんどだったので。
今にして思えば、場にそぐわない表情をしていたから、なのかもしれません。
空氣が読めないと嫌われるアスペルガーですが、「どうしていいかわからない」という面があって、表情が追いつかないのかな?と、自分を振り返って思います。
咄嗟に、「私は怒っていませんよ」という選択をしているのだと思うのですが、それが間違っていたりするんですよね。
真剣味が足りない!とか。
かといって、真剣な顔、神妙な顔をしているつもりなのに、今度は「怒ってる?」と言われて混乱する…。
その繰り返しだった氣がします。
まぁ、表情のレパートリーが劇的に少ない!のかもしれません。
そのうち、「笑ってはいけない」となり、面白いと言われる番組を見ても「笑うほど面白いのだろうか?」とか、笑えなくなってくる。
逆に朗らかであろうとする顔が、騙されやすさや、「苦労したことないでしょ」と揶揄されることに繋がったり…。
私の表情は、今、大丈夫だろうか?と、不安になったり。
大人になって発達障害だと判明した方たちは、多かれ少なかれ、同じような経験をされているのではないでしょうか?
当事者としては、精一杯、周りに合わせようと頑張っているハズなのに、上手くいかない。
結果がダメだから(周りを不愉快にさせるから)、「頑張ってなどいない!」等々と責められる…。
小さい頃からの積み重ねが、今では自分で自分にダメ出しし続けていて、余計に苦しくなっているのかもしれませんね?105.png
ヨガを通して、乖離していた体と表情を、もっと言えばエネルギー体と、一体化出来ていけるのかもしれないな…。
そんな風に感じています。
パンチャ・コーシャという、人間五層説がありますからね。
こういう風に氣付けるようになってきたのも、氣学やレイキを10年を超えて、コツコツ続けてきたお陰…そう思うのです。


周りの方が大変なんだ!
そんなの大したことじゃないじゃないか!
…そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、当事者としての“氣付き”ってことで、ご勘弁を。
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI


by karimeratei | 2019-05-10 18:00 | 学び | Comments(0)

望む未来へ、まず一歩。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
午後から、何だかヒンヤリしましたねぇ。

5日は新月、6日に節入り。土用が明け、5月の運氣に入りました。→5月の始まり。2019
さっそく、方位取りに適したスペシャルデーでしたので、私もちょっとお出掛けしました。
ごくごく近場です。
歩いて行ける、ご近所散歩といってもいいくらいの。
日帰り、それもほんの数時間の方位取りです。
初めて通る道、初めての場所を近場で見付けて、それだけでも私は嬉しくなりました。

望む未来へ、まず一歩。_b0374171_20341047.jpeg
立ち寄った公園にて

これなら、私のような発達障害であっても、鬱や新しいことを始めることが苦手な人でも、「まずは、一歩」が踏み出しやすいのではないかと思います。
お金も、掛かりませんよ106.png飲み物代くらい。
超えて欲しい距離はありますので、詳細は鑑定時にお伝えします。
もう少し動けるなら、もう少し長距離で。
思い切って泊まれるならベストですが、最初から出来なくても、出来ることを積み重ねていけばいいのです。
最初から飛ばし過ぎて、息切れして、続けられない方が勿体無いです。
悪い運氣だからと諦めるより、「出来ることは何か?」と見付け出し、開運への行動を起こせるのは、自分自身への信頼に繋がります。
発達障害だけでなく、自信がない人はいらっしゃると思います。
そうであれば、尚更、自分で自分に「出来るじゃない。出来たじゃない110.png」と言ってあげましょう。
それが、ほんの少しの距離を行く、方位取りであったとしても。

氣学は行動開運学。
まず、一歩。
動き出してみましょう。
今月のスペシャルデーは、あと3回ありますよ109.png

アナタも幸せ。私も幸せ。
POI


by karimeratei | 2019-05-07 20:00 | 氣学を活かす | Comments(0)

風の如く。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
もう少しで連休も終わり、土用も明けますね。


私自身、五黄土星の星を組み合わせに持っているので、この期間は不調です。
もちろん、不調とわかっているので、自分なりの対策を立てています。
方位取りも、その一つです。
デジタル耳栓も、そう。
この春、もう一つ、対策を立てました。
物事をスタートするのに適した『線路』の法則があるのですが、その線路月に、恐る恐るヨガをスタートさせました。
始めたばかりではありますが、体がカタイなりに、続いています。
インストラクターさんから、「無理なポーズはしません。呼吸を意識しましょう」と言ってもらえたことや、珍しい、1時間しない短いレッスンタイムなことも、ADHD要素も持つ私にとっては、続けられている要因なのだと思います。
難しい動きはしないヨガタイムですが、「あ〜血行が良くなっているんだな…」とか「息が吸いにくかったのは、胸の筋肉が固まっていて、肺が広がらなかったからか〜」等、氣付きを得られる時間にもなっています。
行動開運学の氣学、環境開運学の風水で、「体もお家も、風通しを良くしましょ」と伝えたりもしますが、ヨガをすることで(ヨガと言えるだけの動きが出来ているかは別として)、体に直に風が吹いていくような感覚です。
土用期間だけでなく、溜めやすい土の星を本命星に持つ人や、私のように組み合わせに持つ人、同じく発達障害、特にアスペルガー(自閉症スペクトラム)の人は、体をゆっくり動かし、覚えてしまえば1人でも出来るヨガを日常に取り入れることは、穏やかさを定着させるために良いのではなかろうかと思っています。
刺激物を欲しやすい発達障害の場合、コーヒー等のカフェイン摂取にも氣を付けた方がよかろうと、今年に入ってから、夕方頃からカフェインレスの飲み物や炭酸水を飲むようにしていますが、ヨガの後につい缶コーヒーを飲んでしまい、酷い頭痛が起こりました。
ペパーミントのアロマで対応しながら、ヨガの効果と、カフェインの刺激の強さをしみじみ感じたりもしています。
日常は、穏やかであることが一番です。
『教えて私の「脳みそ」のかたち』という本の中に、“カミングアウトの前と後で努力の総量が変わってはいけない”とありますが、周りに理解を求めているのに、当事者自身が「だって病氣なんだから仕方ないじゃない!」と、悪い意味で開き直っては、穏やかな日常など、手に入れられませんものね105.png
上手くいかないと、開き直りたくなる時はあります。
でも、それは「楽をしている」だけ。
これまた先の本にありましたが、“楽しないで、楽しく!”対策を立てることが、自分にも、周りにとっても、良い結果に繋がると考えます。

アスペルガー優位の私は、集中して情報を得ようとして、ネット上での「アスペルガーへの嫌悪」に触れて、凹みました。
傷付けるつもりはないし、言葉も選んでいるつもりなのに、そんなに周りを切り刻んできたのだろうか?と。
私自身が傷付いてきたことは、私の脳の捏造なのか?と。
…と、ここでまた傷付き凹んだところで、物事は上手くいくわけはなく。
氣付けたなら、対策は立てられます(氣付けなきゃ、対策は立てられない!)。
過去は変えられないなら、今と、そして未来を、少しでも良い状況に出来るよう、自分で出来る対策をしていくだけ。
『7つの習慣』でいうところの、win-winになるように。


土の悪さの頑なさではなく、しなやかな風になるように。
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI

by karimeratei | 2019-05-04 08:00 | 学び | Comments(0)