人気ブログランキング |

金の枝に翡翠の葉

karimeratei.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

続・真面目な話〜神話に寄せて〜

真面目な話』で、私の場合「じゃあ、生きるしかないなぁ…」と正氣に戻ったと書きました。
消極的な方法ですが、それもまた一つの方法だと思っています。
自分がそんな感じなので、カッコよく前向きに「死んじゃダメだよ!生きてることは素晴らしいよ!」と伝えてあげられないのは、不甲斐ないですね119.pngすんません


突然ですが、日本神話は好きですか?
好き嫌い関係なく、スサノヲノミコトがヤマタノオロチを退治した話とか、ご存知ですよね?
私も、多くを語れるような詳しさは持ち合わせておりませんが、ニニギノミコトがコノハナサクヤヒメに「それ、俺の子⁉︎」と言っちゃう話が印象に残っております。
えぇ、ニニギノミコトが、神様だろうが「嫌い144.png」。
だってそうでしょ⁉︎
自分が惚れて求婚しといて、意味があって一緒に…と差し出されたイワナガヒメは父親に送り返して(醜いからって133.png)、子供が出来たら疑うって…なんてサイテーなんだ‼️…と思いません?
その疑いを晴らすために、産屋に火を放って子を生むコノハナクサヤヒメの豪胆なこと113.png
ある時この話をしていたところ、「まぁ…神様でさえ間違うと、教えてくれているのねぇ」と感想を述べた方がいらっしゃいました。
「絶対は…ない、ということを、神様に置き換えて教えてくれているのねぇ」と。
続・真面目な話〜神話に寄せて〜_b0374171_16373509.png
いらすとや

何と⁉︎
ニニギノミコトの存在意義、あり⁉︎
「神様が自らを悪者にしたり弱虫にしたりして、私たちに教えてくれている…のが、神話の真の役割なんじゃないかしら」。
えーと、日本神話って最初に生まれた子がヒルコ(不具の子。障害者?)で捨てられちゃって、でも結局“神様“としてその後活躍してるね…。
「いろんな人がいて、いろんな間違いを犯してしまうけれど、皆共に生きていく…ということを、示してくださっているんじゃなーい?」
こんな風に考えたことがなかった私には、まさにパラダイムシフトですよ。
考えてみれば、スサノヲだって英雄になる前はおねーちゃんのアマテラスが天岩戸に引き篭っちゃうような乱暴狼藉を働いてるし、カグツチなんて父・イザナギに殺されてるし…。そのイザナギ、子まで殺して追いかけたイザナミと、黄泉の国の帰りにはすんごい戦いしてるもんね…(これ、離婚の争いよね…)。
それでも、皆それぞれの場所で、それぞれの力を活かして生きてるんだよねぇ。
じゃあさ、生きててもいいんじゃない?私たちだって。
障害があっても、皆と仲良く出来なくても、上手くいかない時があっても。
神話の中でさえ、神様さえ、「生きてると、いろいろあるよねぇ…105.png」なんだからさ。
ついでに言うと、天使たちも戦ってるね119.png→『失楽園


人間ばかりでなく、すべての命あるものの運命は
どうやら誰かがすべてを描ききれるようなものではない。
命は時の流れに流されながら
命が置かれた景色の無数のありようの中で、
そのつどそのつど喜びを求めて自らの居場所を探す。
そうしたことが繰り返され積み重ねられた結果
命が‘選んだ場所の軌跡が、自ずとその命固有の運命を描く。
あらかじめすべてのことが描かれてあるとしたら
そこに変化がないとしたら、命はどうして輝くことができるだろう。
生きるということは、変化し、変化し続けることにほかならない。
        〜『ドレの失楽園』第十二幕より〜


テンション低くても、変化し続けて、しぶとく生きてみようじゃないですか。
…と、自分にも言い聞かせてみる104.png
ピース オブ アイ
氣学鑑定師 ゆきみ


更新を通知する






by karimeratei | 2019-11-29 20:00 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

真面目な話。

私は、すでに半世紀生きている人間だけど、「死にたい」と思っている人に「死んではいけない」と言えない。
真っ向から、清々しく論破出来る術を、今も尚持てていない。
そうであっても、若い人が自ら死を選んだニュースを見聞きするのは、辛く悲しい。
韓国の方ですけど、ク・ハラさんの自殺のニュースを見て、とても残念に思った。
彼女の生年月日から星を観ると、
本命星:苦労性の一白水星
月命星:六白金星
同会(役割):五黄土星
傾斜(本質):九紫火星
トラブル解決マンの五黄同会を持っていたからこそ、トラブルを呼び込んでしまったり、自分の中に抱えきれない辛さも溜め込んでしまったのかもしれないけれど…、それに立ち向かいさえすれば、開運していける強さがあったのに。
一度自殺未遂をしたけれど、日本で再起を図ろうとしていたのだよね?
中身が九紫火星だから、それこそ芸能界は適していたのに。
本命星も傾斜も、今年の運氣は良かったけれど…人生の大転換期だったからだろうか…。
この変化は、強過ぎただろうか…。
東日本大震災の時に、個人で寄付をしてくれたのでしょう?
優しい人には、もっと長く生きて、その優しさを周りに振りまいて欲しかったな…。
ク・ハラさんだけでなく、過労自殺をしてしまった高橋まつりさんにしても、何か…何か引き止める術はなかったのかな…と、今でも考えてしまう。
「死んではいけない」と言えなくても、もし話をする機会があったなら「その場から、まずは逃げな」と、言ってあげたかったな。
一旦退却することが必要な時は、人生にはあるもの。
一旦退却して態勢を立て直せば、彼女たちだけでなく、それまで頑張れた人たちは、きっと立ち直って奮起出来るもの。
そうして、アナタの持つ星の良さを、是非、活かして欲しいと思うよ。
手助けとして、もし必要なら、氣学を使ってくれればいい。自分のために、自分で自分を大切にするために。

※私が、「死にたい」と死ぬ方法をアレコレ考えた時、結局「あ、必ず誰かに迷惑かかっちゃうなー…」という点と、死にたい<痛いのは嫌だ‼️という点で、正氣に戻りました142.png
正氣に戻って、「じゃあ…生きるしかないなぁ…」で、今に至ります。※

※※この本を読んでみるのも、いいかも?→『どうせ死ぬのになぜ生きるのか
読んでみて、アナタはどう感じたかな?※※

「死にたい」と思うくらい、心が疲れてしまう時はあるよね。
真っ暗闇の中で、出口が見付からなくて、途方に暮れてしまって。
誰かに、何かに踏みにじられて。
氣学が、そういう時の助けになるといいな。
絶対…と確約は出来ないけど、少しは助けになることを願っているよ。
故人のご冥福をお祈りします。
射手座の新月の日に。
氣学鑑定師 ゆきみ


更新を通知する


by karimeratei | 2019-11-27 18:00 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

『同期のサクラ』考察〜君は太陽〜

クリスマスまで、1ヶ月。
ご予定は如何ですか?
ティファニーがLVMHに買収されたニュースを目にして、若かりし頃、巷ではオープンハートなるネックレスが流行っていたような…なんてことを思い出しました。
えぇ、私は縁がなかったので、持っていませんけれども103.png


そんな、人との縁に焦点が当てられる時期だからか、この時期のドラマは見応えがあるものが多いのでしょうか?
去年に引き続き、今年は『同期のサクラ』を観ています。
名前を知らなかった俳優さんたちも今はしっかり覚え、すっかり感情移入して、泣いたり笑ったり…。
演技が上手いというだけでなく、きっと星の繋がりがいいのでは…?🤔と思って、調べてしまいました。
ネタ的に、お楽しみ下さい。
『同期のサクラ』考察〜君は太陽〜_b0374171_17464871.jpeg
はい、サクラを演じている高畑充希さん、私が「トラブル解決マーン♬」と呼んでいる、同会五黄土星をお持ちでした。
そもそも、本命星が今年運氣の良い(特に仕事運)九紫火星、太陽を表す星ですので、サクラの役にピッタリ。
同期をそれぞれ演じている皆さんにとって、高畑さんが持つ星が、同会五黄を別にしても【キーパーソン】。
環境を整えてくれる、協力してくれる星がそばにいるのは、心強いのです。
第7話、橋が架けられない&おじいちゃんが亡くなってしまったことで、ちょっとおかしくなってしまったサクラですが、空氣がなければ=大事な存在がいなくなってしまえば、消えてしまう火の星ですもの…。
今後、どんな風に再び火を灯すのか、楽しみにしたいところです。
竜星涼さん演じる、「皆を応援したい」菊夫くんだけ、少し立ち位置が違います。
サクラが好き…な氣持ちを秘めているのは、七赤金星さんらしいなぁ…なんて思います。
おチャラケていても、肝心な、本当の想いを表に出すのが下手な星。
本命星同士の相性としても、実はよろしくはない。
もっと強い繋がりとしては、橋本愛さん演じる「怒ると怖い」百合ちゃんなのですよね。
百合ちゃんから観て喋りやすいし、自分を成長させてくれる星を持っている、菊夫くん。
スタート時点で赤ちゃんを抱っこしていたので、恋心を抱いているらしい葵くんとではなく、菊夫くんと結婚…していたら、星の繋がりとしてはベスト106.pngなんてことを想像しています。
菊夫くんの星なら、百合ちゃんの本命星五黄土星の圧の強さ(だから怒るとコワ〜い!)を、上手くあしらうことが出来るのですよね。
菊夫くんにとっては、岡山天音さん演じる「口下手な」蓮太郎くんが、キーパーソンであり生きる道を教えてくれる星を持つ人。
蓮太郎くんは、本命星が六白金星。孤高の星、と言えましょう。
説明、ちょっと下手なんですよね。視点も違いますので、菊夫くんや葵くんのように、サクラに恋心は抱かなかったのかな、と。
そんな蓮太郎くんが、好きだと言った百合ちゃんではなく、年上のすみれさんと付き合っていました。
恋ではなく、愛ということでしょうか…別の人を選ぶ視点について、菊夫くんは考えさせられるかも…しれませんよね。
その中で、何でも言える百合ちゃん…が候補になるのかしらー106.pngなんて…。
周りの空氣を読んでお調子者の様に振る舞ってきた、新田真剣佑さん演じる「チャラい(え?もう言いませんか?)」葵くんですが、サクラとの繋がりの強さは百合ちゃんと同じくらい。
百合ちゃんが男性だったら、蓮太郎くん以外の3人で取り合い状態?…( ̄▽ ̄;)ハハハ
理想を現実にするためには、地に足着いてないといけません。
お父さんとお兄さんと、真正面から向き合えたこと(権力振りかざす、嫌な家族な役でしたねー)、土木部に移れたことも、自己成長のためにはよかったことと言えるでしょう。
地に足着いた葵くんが、火が消えてしまったサクラに火を灯せるのか、はたまた怒涛の勢いで再び百合ちゃんがサクラをドヤしつけて目を覚まさせるのか…。
恋の行方より、氣になります123.png
本命星はバラバラですが、菊夫くん以外の人たちの傾斜=中身の星は、同じ一白水星なのが共通点。
一白さんは、苦労性の星…。それを芯に持っているので、今までのお話にも繋がりますね〜。
菊夫くんは、四緑木星を中身に持っているので、平和主義。皆をさりげなく繋げていきます。
一白さんと四緑さんは仲良し&絆の深い星でもありますから、表面上、たとえ喧嘩が拗れても、いざとなれば助け合える星同士なのです。
主演の今年の運氣がとても良い点に加え、これだけ星の組み合わせが良く出来ているから、ドラマのヒットに繋がっているのかもしれませんね〜169.png

菊夫くんと、菊夫くんにパワハラした桑原部長(丸山智己さん)、星の組み合わせが全部同じでした。
ドラマではありますが、菊夫くんは自分と向き合うことが、実は辛かった…のかもしれないですね?
現実にも、あり得ること。
自分の星を、周りにいる人の星を理解することで、物事はスムーズに進んでいくかもしれませんよ〜102.png
ドラマの配役に当てはめてみた、相性等考察でした。
さて、アナタとアナタの周りはどうかな?
POI
氣学鑑定師 ゆきみ


更新を通知する





by karimeratei | 2019-11-25 19:30 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

楽しみを携えて。

今日11月22日は、“いい夫婦の日”、でしたっけ?
我が家は、ニャンニャンの日、かな?🐱🐱

ニャンニャンの日…と言いながら、昨日のお出掛けの話です〜。
はい、3月に出掛けている川越へ、再度行って参りました。
写真ないですけど、氷川神社さんへも参拝してます。
いい天氣で、ホンット、助かった…。
今回は新しい楽しみもありまして、観光案内所の方に道を教えていただいて、向かいました。
はい。風景印を貰ってきたのです
わっかい頃に記念切手収集した冊子をもらって、そのまま真似して一時期集めました。
集めなくなって、手紙や葉書を出すことも減って、「使い道ないなー、捨てるしかないのかな?」なんて考えていたのです(売ろうと思っても、売れなかった…)。
切手帳は、こちらも「捨てちゃおうかな…」と考え始めていた、トラベラーズノートの限定、スターエディションのリフィルを使うことにしました。
使い道のヒントは、Instagramで貰いましたよ104.pngありがとうありがとう169.png
断捨離、ミニマリスト…と、捨てることで得られることもありますが、今回は「捨ててなくてよかった‼️」106.png


※方位取りは、自分の吉星が廻っている方位へ出掛けることで、その方位や星の力(エネルギー)をもらう方法です。
私は狙って、年に数回、長距離で出掛けます。
長距離だったり泊り掛けだとお金はある程度掛かりますが、それを絶対しなければいけないわけではありません。
私自身、狙った日以外で出掛ける時は、短距離だったり短時間の、プチ方位取りです。
(方位取り出来ない時の方法も、あります)
行ってみたい喫茶店に、或いは温泉に、吉方位で出掛けることを楽しみにしてらっしゃるお客様もいらっしゃいます(^^)b
運氣が上がる…状況が改善されたり、必要な引き寄せが起こったり、体調が良くなったり…と、続けることで、体感が増していきます※


〈一粒万倍日〉で行けたのに、宝くじ買うの、すっかり忘れてましたわ…。
宝くじを買うのは忘れたんですけど、アクアマリンのネックレスは買いました125.png
楽しみを携えて。_b0374171_17535257.jpeg
パワーストーンはずいぶん手放しちゃったし、買わなくなっていたんですけど。
玉屋川越店さんで、しずく型のを見付けて即決。リーズナブルで助かった…( ̄▽ ̄;)へへへ
誕生石ではなく、第5チャクラに、今の私には必要かなと。
開運グッズや風水グッズ、私も必要な物は買いますが(普通に使える物)、不安に駆られてアレもコレもと買い溜めることはないのですよ。
久しぶりに買ったネックレスは、ちょっと嬉しいのです126.png

日曜と月曜は、また20度超えの予報ですが、季節は冬。
水の季節ですので、体を冷やさず、過ごしましょう。
鬱の人、鬱氣味の人、ちょっと落ち込んでる人等、特に氣を付けましょうね。
POI
氣学鑑定師 ゆきみ

【追記】
明日23日は、天赦日だよ〜106.png

更新を通知する


by karimeratei | 2019-11-22 18:00 | 氣学を活かす | Comments(0)

氣学で出来ることって、何だろな?

前回の記事を読んでくれたアナタ、ありがとうございます。
読んでみて、どう思われたでしょうか?
「結局、本命星とやらの影響が強いなら、何したって意味ないじゃーん?」と思われたでしょうか?
「じゃあ、どうしたらいいんだろう?」と思われたでしょうか?

『占い』。
怪しい…と思いつつ、特に恋する乙女な皆さまなら、氣になるところではないでしょうか?
男女関係なく、仕事で上手くいかない時など、いつもは氣にも留めない『占い』の文字が氣になったり。
氣学は、生年月日に表れる情報を、読み解いていきます。
生まれた年から【本命星】を、生まれた月から【月命星】を、この組み合わせから【同会】=周りから求められる役割を、【傾斜】=本命星と同様、運氣に影響をもたらす本質(中身)の星を。
どんな特徴があるか(弱点も含む)、運氣はどうか、どの星と相性が良いのか等々。
読み解いた後、必要であれば、運氣改善のための『方位取り』という方法をご提案します。
読み解いただけで「終わり」ではないのが、氣学の良い点だと、私は思っています。
相性は、恋する乙女だけに必要なものではないと、思うのです。
例えば、子育てに悩む親、親との関係性に悩む子供(夫と妻でも)。
それぞれが、お互いの星の特徴を知ることで、理解が深まるかもしれません。
喧嘩を回避することが、出来るようになるかもしれません。
実は、絆の深い星同士であったと、判るかもしれません。
或いは、指導に悩む先生方、学校生活に不満を燻らせている生徒(上司と部下でも)。
生徒の星を、ザックリとでも把握することで、学習指導がやりやすくなるかもしれません。
自分の星の特徴や運氣を知ることで、思春期だからだけでなく、イラつく原因の解消に役立つかもしれません。
相性が良い星同士だからといって、常に理解し合い、常に仲良しでいられるとは限りません。
相性が悪い星だからといって、自分にとって必要のない星…とも限りません。
今、運氣が悪いからといって、人生がずっと悪いと決めるけるのは勿体ない。
藤原氏のように、運氣絶好調169.pngだからといって、「この世をば我が世とぞ思う望月の〜」なんて有頂天になっていると、足元を掬われたりするものです。
良い時は悪い種を撒かぬよう、悪い時はイジケてそこに留まることなく、『方位取り』という、自分への“期待の種まき“をしておく。
『方位取り』は、自分にとって吉方位へ出掛けることですが、お金を掛けずにやろうと思えば出来ます。
大してお金が掛からないなら、やってみて、損はないと思いません?106.png
※流派や、各鑑定師の考え方にも依ります※

周りを傷付け、自分も傷付けるようなことに手を出す前に、氣学で、自分の読み解きしてみません?
方位取りして、運氣上げちゃいません?
氣学仲間が増えることを願って102.png
POI
氣学鑑定師 ゆきみ

更新を通知する



by karimeratei | 2019-11-20 14:00 | 氣学を活かす | Comments(2)

力は、正しく使おう。

氣学で出来ることについて、週末書こうと思っていたのですが。
沢尻エリカさん逮捕のニュースを見て、ちょっと考察を書いてみようと思います。

すでに逮捕や所属先を解雇された方で、同じ日の方がいらっしゃいました。
①ピエール瀧さん  1967年4月8日生まれ 本命星:六白金星 逮捕:2019年3月12日
②カラテカ入江さん 1977年4月8日生まれ 本命星:五黄土星 解雇:2019年6月4日
③沢尻エリカさん  1986年4月8日生まれ 本命星:五黄土星 逮捕:2019年11月16日
※この後は、数字で。
①の方は六白金星さんで、本来、ストイックな星。
ストイックが過ぎて、ある日ポキっと折れやすい星とも言えるので、ちょっと注意は必要なのですよ。
たとえ、そんな風に見えないとしても。→各本命星の読み解き参照
逮捕された日は、八方塞がりな日。体感しやすい月の運氣は、“地に落ちる”とも言える低迷運。
六白さんの場合、プライドが粉々になる…という感じかもしれませんね。
運氣に影響する中身の星が、八方塞がりな年でもあるので…まさしく、運氣通りだなー…と思ってしまいました。
が、本命星は年運でプラスの作用が働いているからか、薬物逮捕されても、何だか擁護派が多いように感じたのは、私の氣のせいでしょうか…105.png

②と③の方、同じ五黄土星さん。『破壊と再生』の星ですので、超〜パワフール。
良くも悪くも、どんどん周りを巻き込んでいきます。
それだけパワフルだからこそ、自滅する可能性は他の星の人より高いです。
このお2人は、各人がそれぞれ持つ、他の星の組み合わせも同じです。
超パワフルなんですが、中身の星の影響で、苦労も引き寄せやすい…わざわざ、自分から苦労を選んでいるように思える選択をしていたりします。
②の方が解雇された日は、本命星が”(隠し事が)露見する“、月の運氣はまだ5月なので、人生の基盤固めに重要な月。
③の方が逮捕された日は、本命星自体の運氣は良いですが、誰かの言葉による(タレコミ?)発覚かもしれませんね。
土用を抜けた後の変化の月、或いは自分で喋っちゃったことが、キッカケなのかな?
今年の年運としては、長期の問題解決に適した年。謙虚さが鍵です。
人生の基盤を固めることに、力を使いましょう…という1年。
そう考えれば、自分の人生を作り直すための出来事だと言えるのかもしれません。
本人達にとっては、「最悪‼️」なのでしょうけれど。
(ちなみに、元総理の方にも、このお2人と同じ組み合わせの方がいらっしゃいます。
 是非、日本再生まで、責任持ってやっていただきたいんですけどね。個人的には132.png


同じ本命星だから、全く同じ状態になるかと言えば、そうとは言えません。
どこで生まれたのか、そこからどう移動したのか(特に転居)、周りにいる人たち、住んでいる場所や間取り等の風水、自身が撒いてきたタネは何か…それぞれ違ってきますから。
それでも、こうして有名な方々の不祥事を観ていると、本命星や中身の星の運氣の影響は大きいと、痛感します。
だからこそ、ご自身の星を知って、生きていく上での力として、活用して欲しいと願います。
今年、2019年の運氣は、2020年の節分までです。


読んでくれて、ありがとう。
ピース オブ アイ


by karimeratei | 2019-11-18 12:00 | 勝手に鑑定 | Comments(0)

11月の始まり。2019

今宵は満月ですね169.png

すでに11月の運氣には入っています。
8日立冬、02:24。
土用も明けて、ちょっと楽になった方々もいらっしゃることでしょう。
要注意方位は、《北東、南西、南東(南寄り、巳の方位)》。
※個人の凶方位は、鑑定時にお伝えします。

天組・三碧木星、六白金星、九紫火星の分はこちら。


人組・一白水星、四緑木星、七赤金星の分はこちら。

地の組・二黒土星、五黄土星、八白土星の分はこちら。

Instagramに、簡単に書いてました。
参考まで〜125.png
POI



by karimeratei | 2019-11-12 18:00 | 運氣予報 | Comments(0)

開運とは何ぞや。

4ヶ月振りに、更新です。
「手放すって前回書いてたじゃねーか」と、突っ込まれそうですが103.png
まったく更新していない間にも、ここに訪れてくれたアナタ、ありがとう110.png


昨日、『祝賀御列の儀』を、テレビで拝見していました。
皇后陛下雅子様の笑顔は、本当に自然ですね。涙もまた…。
言葉に出来ないであろうアレコレを飲み込んで、それでも笑顔で天皇陛下と共に国民の前に立つお姿に、星通りの方なのだな…と、秘めた強さを尊敬します。
私は、【星を通して他者を理解】しています。
目立つタイプ、影となり奮闘するタイプ、結果が出やすい星、出難い星…。
それぞれの星にはそれぞれに良さがあり、それを活かせれば、生きていく上で苦痛を減らせるのではないかと観ています。
アナタが今望んでいることは、本当に本当に、心底からの望みでしょうか?
時として、周りの影響で(親の期待、情報操作等々)自分の望みではない方へ、行ってしまうことがあるものです。
『開運』とは、“運が開けること、すなわち幸運が訪れること“とWikipediaにありますが、その幸運を活かすも殺すも、結局のところは自分次第
自分が、『どうなりたいか』解っていなければ、まったく望んでいなかった景色が、目の前に広がるだけ…。

ブログを書いていない間に、『五黄殺の連鎖を断ち切るには』というキーワードで辿り着いた人がいらっしゃった様子。
この答えは、ある意味簡単。
向き合うこと。
自分自身と、或いは目の前にある問題と。
先送りにしたのなら、いつかどこかで、或いはすぐに、また同じか同じような出来事と向き合わなければいけない事態になるのです。
方位取りをすることで、向き合える力を得ることは出来ますが、逃げられるわけではない。問題が起こらないわけではない…と申しておきましょう。
向き合う覚悟が出来た人は、昨日の皇后陛下のように、きっとキラキラ輝いていることでしょう。
そして、開運スピードも早まっていることでしょう。

“ブログで伝えること“を手放すことが、私にとって、精神的な幸せに繋がる…と思っていました。
「発達障害」であることが、とてもとても、重くなっていたのです。
発達障害である私が氣学に関することであれ他のことであれ語ることは、「誰の耳にも届かない」と。
だからこそ書けること、伝えられることがあって、他の人から見たらあまりにも細やかなことであっても、私にとっては「幸せ」なことなのだと、手放してみて感じたのでした。
アナタが思い描く『開運』とは、どんなものでしょう?
アナタが望んでいる『幸せ』とは、本当に、まだ手に出来ていないことでしょうか?
わからなくなっているなら、試しに方位取り、してみませんか?
氣学って何さ?と、ちょっとアンテナに触れたなら、是非。
マイペースで、氣学に関すること、時々手帳や猫のこと…を、書いていこうかと思います。

開運とは何ぞや。_b0374171_20444132.jpg
     〈フリー素材ぱくたそ〉より



スタートの日に。
ピース オブ アイ
ゆきみ

by karimeratei | 2019-11-11 20:20 | 鑑定師の呟き | Comments(0)