人気ブログランキング |

金の枝に翡翠の葉

karimeratei.exblog.jp
ブログトップ

タグ:大人の発達障害 ( 66 ) タグの人気記事

2020年の手帳とバッグ~ぶっこみ道具を手放せるように~

昨日から、仕事始めの方が多いでしょうか。
1月の運氣も本格的に動き出し、18日からは季節の橋渡し期間である『冬の土用』にも入ります。
日々ゴキゲンに過ごす自分なりの術を、アナタはしっかりと準備していますか?


私の“術”の1つ、現在の道具たちです。
正直続くか心配だった10年日記、2年目となった元旦から、心持ちの変遷を文字で確認しているところです。
(些細なことでも、書けない日があっても、20代から書いておけばよかったなぁ…と、痛感してます。記録って、ホント大事ねぇ)
昨年途中でメインをFP(フランクリンプランナー)に戻してからは、落ち着いています。
本当に、衝動性を鎮めてくれました103.pngスゴいぜ、手帳。
バインダーは、元旦からファイロファックスのフィンスバリーを使い始めました。
サイズは、バイブルサイズ。FP のコンパクトサイズと、穴の位置は互換性があります。
FPのリフィルは幅広なので、一般的なバイブルサイズだと横幅が足りませんが、こちらはタブが多少はみ出す程度。
その点が氣になる人は、使えないかな?私はそこに目を瞑っても、氣に入っています。
ブラックにしたのは、2020年の(私個人の)ラッキーカラーだから。1人手帳タワーすると地味ですけどね106.png
ミッションステートメントも今年分に書き改め、ビジョンボード?宝の地図?も手帳内に作り、自己満足に浸っております。ホホホ169.png
2020年の手帳とバッグ~ぶっこみ道具を手放せるように~_b0374171_15434170.jpeg
バッグも、昨年の『2way舟底型バッグ』から、マザーズハウスの【ハナビラ】に替えました。
「増税前に!」を言い訳に、前から欲しかった物を手に入れただけでございます123.png
「さすがに似合わない?」と迷って買わずにいたのですが、欲しい氣持ちが前のめっちゃって、今までの荷物が全部入るかを重視せずでしたが…入りました。バッグインバッグが逆に邪魔になり外して、その分荷物が減りました。
写真に写っていないiPadも入るし(重くなるけど)、長財布とハンカチとデジタル耳栓を含めて、『1人で遠出武装』完成!となります。
1人で出掛ける回数は少ないですから、持ち歩く手帳はライツ3小型版を入れてある、トラベラーズノートパスポートサイズ。
ライツ3小型版は、スケジュールというより、書き方が定まった家計簿です。
(あな吉手帳として使っていたA5サイズのシステム手帳に集計して、1か月、半年とチェックしてます)
茶色のパスポートサイズは、診察券等を入れています。
よほど近所でなければ、1人で出掛ける際には、今のところこれ以上減らせない!くらい減らした、バッグの中身。


方位取りをしていると、“自分で氣付けるようになる”と、以前書いたかと思います。
10年以上、方位取りしてきた私も、まだまだ“氣付けていない”ことはあり、それが強固な『思いの窓』となっていました。
それが、このところポロッポロッと、剥がれ落ちていく出来事が続いています。
忘れないように、FPにアファメーションとして書き記しています。
記録しておけば、見返しさえすれば思い出せる…ADHDの不注意を、手帳が補ってくれるわけです。
繰り返せば、時間がかかっても、身に着いてきます。
ASDの妙なこだわりも、好きな道具を使うことで、活かします。
外出を怖がり、他者を怖がり、家に引きこもるだけでは…何も解決しませんもの。
逆に考えれば、私が外の世界を、他者を、“発達障害である自分”を認めていない…から、動けなくなっていただけのこと。
氣付き、適切な道具を使いさえすれば、扉は開くのですよね。
“ぶっこむ”ことなく、外に出られる身軽さを手に入れられるように、今後も未来に期待しましょう。
2020年の手帳とバッグ~ぶっこみ道具を手放せるように~_b0374171_16402849.jpeg
『7つの習慣』だけだとわかりにくい点も、『ブレインプログラミング』で「なるほどー!」となると思いますよ~。
さて、「身軽になった私」を、全力でイメージしましょうか110.png



氣学は行動開運学。
点を線に、ちゃんと繋げてくれるのです。
“ありたい自分”に、自分で運んで行きましょう179.png
アナタも、ご一緒に。
POI
氣学鑑定師 ゆきみ

更新を通知する



by karimeratei | 2020-01-07 17:00 | 偏愛・手帳と文房具 | Comments(2)

2019年を振り返る。

昨日は今年最後の新月、山羊座の新月でしたね。それも、日蝕と重なるという、レアな新月だとか114.png
ワタクシ、しっかり願掛けしましたわ。


今年最後の更新は、【今年の漢字】と致しましょう。
時代の交代に、また立ち会えた2019年。表す漢字は、【令】。
昨年はいろいろあり、個人的な漢字に【悲】としました。
今年も、まだ最初の頃は切り替えが上手くいかず、ブログを書くことさえ止めてしまいました。
とはいえ、氣学鑑定師と名乗り、細々とでも活動している身。
こういう時こそ、氣学を活かせ!というものです。
そう、氣学での方位取りは、氣=不足したエネルギーを補ってくれるのですから。
後半になり、自分の中で何らかのブロックがいつの間にか外れて、発達障害だということも、ブログを書くことも、前向きになれていました。
そんな今選ぶ今年の漢字は…そうですね、【変】でしょうか。
変化、変身、切り替え、変遷、チェンジ…の、【変】。
昨年の【見直し】にも、対応出来たように思います。
【見直し分含め、やってよかったこと】
☑️ネガティブ思考、アンガーコントロールが今までより上手くいくようになった
→医師や心理士との対話、少しの間関わった支援機関とのカウンセリングから、自分の中でフィードバックすることが出来、腑に落とせたことが大きいと思います。
“自分で氣付く“ことが、何よりの一歩、なのですね。
☑️夫婦関係の再構築
→夫の精神的負担なのではないか?(私が発達障害だから)という疑心暗鬼が消せなかったのですけど、夫と大喧嘩した(⁉︎144.png)中でこれまた自分で氣付きがあり、「夫の星らしいんだから、いいんじゃなーい」と、今はすっかり落ち着いています。
☑️英語の勉強こっそりスタート
→頭の体操になるかなー…程度の氣軽さで、スタートに適した月から始めています。単語も文法も、すーーーーっかり忘れていることに衝撃を受け、ホントに1からやり直し中…103.png
日常英会話に不自由しない程度になれたら、嬉しいわぁ119.png
☑️家の中の物を減らす
→夫にも参加してもらい、メンテナンスや物の分別、廃棄等、今年はだいぶ出来ました。
物ではないですが、保険の見直しや家計の見直しも。
それでもまだ改善したい箇所はあるので、引き続き、夫婦2人であーだこーだとやっていきたいと思います。
◎手帳の変更
→メインの手帳をフランクリンプランナーに戻したことで、必然的に態勢が整いました。
好奇心や浮氣心⁉︎で、たくさんの手帳や手帳術に手を出してきましたが、そのおかげもあり、今は自分なりの方法で落ち着いています。家計簿の書き方が整い、家計の見直しにも繋がりました。
◎薬の定期的な服用
→ADHDの要素もある私ですが、薬を服用することに抵抗がありました。今は、ストラテラを服用しています(ジェネリック薬だと、アトモキセチン)。
必要な薬を医師の指示の元服用し、サポートとして、アロマ等も使います。私の場合ですと、ペパーミントが1番落ち着きます。
ASDに対する薬はまだ無いので(治験に入った…というニュースを目にした氣はするのですが)、出来ることはしっかりして、自分も周りも傷付けないようにしないといけませんね。
◎毎日のメイク、ネイルケア
→今更ながら感じたのですが、一種の瞑想というか、良い意味での自己暗示になって、とても良いですね。もっと若い頃に氣付けたら良かったわ…と思うくらい。
今の年齢だからこそ、楽しめているのかもしれません。効果がわかりやすいですからね105.png
コスメの魔法』という漫画に、とても共感しました。氣学や手帳を使うことにも、通じていましてよ109.png
※発達障害、特に女性のアスペルガー(ASD、自閉症スペクトラム)は男性的だとのことなので、化粧に抵抗感があったり、女性らしくあること…がよくわからなかったりすると思います。
実際、私自身が化粧をする意味をまったく見出せずに、若い頃を過ごしました(だからほとんどスッピン…)。
今は、勿体なかったな〜と思いつつ、化粧する時間や化粧品選びを楽しんでいます。

【引き続きの見直し…】
・ヨガ…挫折中…→習慣化することが、大変なのですね…。ヨガではなくても、日常にどう運動を取り入れるか、習慣化出来るか、引き続き考えます…。


昨年の振り返りにも、“脳は、質問をしたら《答えを必死で探す》らしいじゃない“と書いていますが、『ブレイン・プログラミング』に仕組みが書かれていますね169.png
氣学仲間の皆さま、1年はあっという間ですわ。新しい年も運氣上げて行きましょう〜106.png
今日で仕事納めの皆さま、お疲れ様でした。
年末年始もお仕事に励まれる皆さま、風邪引いたりしませんように。
皆々さま、良いお年をお迎え下さい。
POI
氣学鑑定師 ゆきみ

更新を通知する





by karimeratei | 2019-12-27 21:00 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

【普通】を、目指さない。

昨夜は満月でしたね。
満月浴、しましたか?101.png
12月は『コールドムーン』と言うのですねぇ。
お月さま、写真を撮った少し後には、すっかり雲に覆われてしまいました。


月の光が雲に遮られれば見えないように、人の奥にある良さ・善性も、ほんのちょっとしたことでわからなくなるものです。
出来れば、誤解や先入観から人間関係を壊したくはないものの、そう出来ないことの方が、多いのかもしれません。
発達障害の中でも、私のような他者の言葉の裏を読み取り難いアスペルガー(今は自閉症スペクトラムですね)であれば尚更、視点のズレも、誤解を生む妨げとなっているのかもしれません。
一つの指針として、私の場合は氣学での星を読み解き、それを基に理解しています。
これはこれで、先入観となり、その人自身と接する際に、邪魔をしている可能性はゼロではありません。
とはいえ、これ以外、どう相手を理解していいのか、わからないのです。
自分なりのルールの下、自分も他者も不用意に傷付けないために必要なのです。
氣学鑑定師という“普通“とは違う職業であるから、逆に“普通ではない“ことが役に立っているとは思っています。
(普通=組織に属する勤め方、ということであれば、という意味です)
診断された昨年には、まだ感じられなかった肩身の狭さ…というものに、どう向き合えばいいのか悩んでいた1年だったからか、発達障害だとされる人たちや関わる人の事件が、今年はやけに多かったように感じます。
自分自身は、診断される前と変わっていない(と思っている)のに、調べれば調べるほど、自覚すればするほど、どうしたらいいのかがわからない…そんな不安定さがありました。
事件を起こした人と自分を比べて同属嫌悪に陥ったり、発達障害者の周りにいる人たちの不平不満や嫌悪感を知って悲しくなったり…。
手帳を選ぶ際に右往左往しますが、その時の心浮き立つ感じではなく、重たく、沈んでいく氣持ちと、実際に体にのしかかるような重さを感じて、右往左往していました。
アレコレ足掻いても、実際は、どうすることも出来ません。
なので、タイトルのように、「普通を目指さない」ことにしました。
どうしたって、こだわってしまうことはあるのだし、出来るようになりたくても出来ないことがあるのは事実だし。
努力を放棄するのではなく、普通になろうとして自らを卑下したり周りに迎合しようとするのは止めよう、と言うことです。
今更になって、私は嫌いな人や場所に、何故わざわざすり寄っていたのだろうか?…と氣が付いたほど。
これが、発達障害のダメさ加減、利用されてしまいがちな点なのだろうと、思いました。
“嫌い“さえ、わからない…そりゃ、いいように使われますわ105.png
上手く説明されてるなぁ…と思った記事が、コチラ→『発達障害とモテに関して考えてみる』です。
※カワウソ様、リンク許可をありがとうございましたm(_ _)m※
適切な対応が出来ない、適切な言葉に出来ないことは、余計に誤解を招き、自分自身を窮地に追い込みます。
私はすでに、人生半世紀。
残りの人生が、あとどれほどなのかは神のみぞ知るですが、これからの人生まで「辛いよ、苦しいよ」には、したくない。
だから、「普通は目指さない」。
周りと比べる“普通“ではなく、自分が願う“穏やかな時間、ゴキゲンな日々“を、目指します。


正直な話、同じ障害であっても、解り合えると思っていません。
それだけ多様ですし、個人個人の目指している姿も違うでしょうから。
共通しているのは、「他者と争いたくない、傷付けられたくない、傷付けたくない」という点ではないかと思っています。
同じ障害の皆さん、どうでしょうかね?違うかな?
でも、私はこう思っているのですよ。
発達障害者を嫌っているアナタ、どうですかね?
こんな風に考えている者は、多いと思うんですよ。
完全な理解なんて、健常者同士だって、無理でしょう?
そう、思いませんか?

お互い、適度な距離感で。
のほほんと、ゴキゲンに暮していくぞー125.png
その人の奥にある良さを見逃さないように、自分の良さを殺してしまわないように、氣学を活かしていきますよぅ。
アナタも、如何?
ピース オブ アイ
氣学鑑定師 ゆきみ


更新を通知する


by karimeratei | 2019-12-13 19:00 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

笑顔の行方

※皇室の話題がお嫌いな人は、ごめんなさいねー。


昨日、皇后陛下雅子様のお誕生日でしたね。
提供されているお写真を拝見しますと、笑顔にますます力が感じられます(力んでいるという意味ではありませんよ?)。
医師団の見解では、「回復の途上」とのこと。
無理をなさらず…が無理なことなのでしょうが、自然な笑顔の雅子様でいてくださるよう、願うばかりです。

私だけでなく、精神的な病を患ったことがある人たちは、雅子様に少なからず親近感を持たれているのではないでしょうか?
エリートで、容姿にも恵まれている方であっても、精神のバランスを崩してしまう“弱さ”をお持ちなのだと。
(語弊があるかしら?でも、繊細さ…とは、また違うと思うのです)
治そうと努力している人が、象徴として、私たちの前に居てくださっていることの、有り難さ。身をもって、知っていらっしゃるのですもの…。
畏れながら星を観ますと、周りに合わせる水の星・一白水星が本命星…苦労性な星をお持ちです。
ですが、四緑木星を本命星に持つ天皇陛下とは絆が深く、お互いの星がキーパーソンにも当たります。
お互いがお互いを理解し、支え合える…我々が見ている、あの姿通りの星の相性なのですね。
御子である敬宮愛子様が、本命星八白土星。
一般的には、一白水星や四緑木星と相性が悪い星と言われますが、愛子様の役割は五黄同会(私が毎回言ってる「トラブル解決マン」)。
周りの問題を解決していく力や、自分が納得すれば素早く動けるという、一白や四緑にはない面を、お持ちと思われます。
雅子様の笑顔は、国民の支持だけでなく、愛子様が無事にお育ちになっておられることの、安堵もあるのでしょうか?
子育て経験のない私などにはわかることもない、深い愛と信頼があるのでしょうね110.png
…おっと、止まらなくなってくるので、この辺で105.png
精神的な病を患った者にとって、家族…身近な人たちは、とても大事な存在です。関わる側としては、大変なことではあると思いますが…。
「頑張れ」は禁句と言われますけど、雅子様ご本人は、きっと頑張っていらっしゃったことでしょう。
御代が代わり、雅子様の朗らかなお顔を拝見する機会が増えることで、励ましとなる人たちもいらっしゃるでしょう。
私も、その一人。
病氣を、「治そう、治さねば…」と必死になっている人は、きっと多いと思います。
少し、その頑なさを緩めて、雅子様のように笑えるようになりたいですね。
私の場合、表情が硬いなんてこともあるようですから(アスペルガーあるある?)、あの自然な笑顔は真似しようとして出来ることでもないのですが…119.png
見習う氣持ちは、忘れないようにしようっと。


まことしやかに言われているアレコレが本当のことなら、別世界で生きるって、コワイわねぇ。
生きるのツライみなさーん、お互い、ごゆるりガンバりまっしょい166.png
あんまり大きな声で言えないから、遅い時間に更新してみた小心者でした106.png


ガンバ繋がり104.png人生は冒険!てことで。ガンバ、ガンバ169.png

更新を通知する



by karimeratei | 2019-12-10 22:22 | 学び | Comments(0)

ブルーベースサマー(ブルベ夏)、試行錯誤の落としどころ。

12月…といえば、クリスマスにボーナスシーズン?
皆さま、楽しんでらっしゃいますか?

メイク好きな皆々さまは、クリスマスコフレを手にして、すでにお使いの頃でしょうか?
見ているだけでも、楽しいですよね。綺麗な物って
私自身は、見るのは楽しいですがアレコレ欲しくて堪らん❗️ということが、減りました。
3度目のパーソナルカラーを活かしている現在、必要以上に迷う回数が減ったのは有り難いです。
欲しがらなくなった割に、『グラマラスモードアイパレット BRー1』を買えたのは、ちょっと嬉しい110.png
私のクリスマスは、これで終了
夫は、きっとホッとしていることでしょう144.png


3度診断受けて、パーソナルカラー にようやく納得出来て、骨格診断も受け、「これでもう迷わないぞー」とウキウキしていたのですが…迷うものですねぇ。
診断受けてからのこの2年、右往左往、試行錯誤して、ようやく、本当に落ち付きました。
面倒くさー!と、途中投げ出しそうにもなりました。だって、面倒くささを回避するための診断だったのですからね。
美容の世界は、知らないことだらけ…。
色や骨格がわかっても、顔タイプトータルデザインも考えないと、「あれ?」てなっちゃうことがあるんですね!いやはや…(;´Д`A
それでなくても、【ブルーベースサマー】の中でも、まだ分けられるというのに…。
顔タイプについて調べている時、『魅力マトリックス』という分類方法があることも、知りました。
うむむむむ…。
16分割までの診断を受けた方がいいのか⁉︎とも考えましたが、この時点で、一回頭がショートしたので、考えるのは止めました。
メイクするのが面倒だなぁ、メイクしたくないなぁ…そんな氣持ちにも、正直、なりました。
その間は、会社勤めでないのをいいことに、スキンケアだけで済ませていました。
だがしかし。
ADHD要素もある私ですので、ずーーーっと同じ状態ではいられない。
そしてまた、考えました。それぞれ、どう統合していけばいいのかな?と🤔
ASDですから!結局、氣になります。こだわりますよー。
私の場合ですが、以下のようになりました。
《パーソナルカラー:ブルーベースサマー》
・穏やかな色や、無地が似合う。
・ソフトなグラデーションを心掛ける(濃い色は、色に負ける…)。
・メイクは“し過ぎない“。どちらかといえば口元に濃い色を使って、引き締める。
《骨格診断:ウエーブ》
・Xラインを意識する。胸元は開け過ぎると、貧相…。
・上半身に、ボリュームを。
《顔タイプ診断:ソフトエレガント/パーソナルデザイン:グレース》
・消去法での自己診断です。
・奇抜な格好は、似合わない。流行は、無理に追わない。
《魅力マトリックス:凛》
・メール診断で、魅力分類のみしていただきました(本の購入特典)。
・直線的な顔立ちなので、引き算メイクで。
こうして並べてみると、やり過ぎはダメ❌が共通点だと思うのですが、どうでしょうか?
これらにプラスして、氣学鑑定師ですからね、自分の星とも照らし合わせました。
私の持っている役割星(同会)は、男星。
そりゃあ、フワフワフリフリ、メイク盛り盛り…は、「女装?( ̄▽ ̄;)」になるよねーと納得。
ということで、今の私は落ち着いています。
いいんです、地味でも。発達障害ですから、目立たないに越したことはないのだ103.png
ほんのちょっと、似合う色を取り込む。
「安い!」を基準にせず(安物買いの銭失い…)、「似合うかな?」を基準にする。
今更(な年齢で)?…なんて思ったりもしましたが、「今更楽しめるなんて、ラッキー169.png」と思う今日この頃です。
1つ、困っているのは、リップ難民なこと
以前にもちょっと書いてますが、合わない成分がありまして…。
その成分は広範囲に使われているので、色が良くても成分で使えない…なんて状態なのです。
オーガニックだから大丈夫というわけでもなく(すでに試し済)、出来るだけ身近で手に入る物を使いたい身としては困るところです。
今は色が付いていない、荒れないリップクリームの上から、ポンポン塗りして凌いでいます。
どこかに、「これぞ、運命の1本113.png」がありますように〜。


アナタは、運命の1本、これぞ自分の色に、出会えてますか?
人でも物でも、「これぞ!」に出会えたら、嬉しいですよね〜。
POI

更新を通知する


by karimeratei | 2019-12-06 16:00 | 日々是好日 | Comments(0)

続・真面目な話〜神話に寄せて〜

真面目な話』で、私の場合「じゃあ、生きるしかないなぁ…」と正氣に戻ったと書きました。
消極的な方法ですが、それもまた一つの方法だと思っています。
自分がそんな感じなので、カッコよく前向きに「死んじゃダメだよ!生きてることは素晴らしいよ!」と伝えてあげられないのは、不甲斐ないですね119.pngすんません


突然ですが、日本神話は好きですか?
好き嫌い関係なく、スサノヲノミコトがヤマタノオロチを退治した話とか、ご存知ですよね?
私も、多くを語れるような詳しさは持ち合わせておりませんが、ニニギノミコトがコノハナサクヤヒメに「それ、俺の子⁉︎」と言っちゃう話が印象に残っております。
えぇ、ニニギノミコトが、神様だろうが「嫌い144.png」。
だってそうでしょ⁉︎
自分が惚れて求婚しといて、意味があって一緒に…と差し出されたイワナガヒメは父親に送り返して(醜いからって133.png)、子供が出来たら疑うって…なんてサイテーなんだ‼️…と思いません?
その疑いを晴らすために、産屋に火を放って子を生むコノハナクサヤヒメの豪胆なこと113.png
ある時この話をしていたところ、「まぁ…神様でさえ間違うと、教えてくれているのねぇ」と感想を述べた方がいらっしゃいました。
「絶対は…ない、ということを、神様に置き換えて教えてくれているのねぇ」と。
続・真面目な話〜神話に寄せて〜_b0374171_16373509.png
いらすとや

何と⁉︎
ニニギノミコトの存在意義、あり⁉︎
「神様が自らを悪者にしたり弱虫にしたりして、私たちに教えてくれている…のが、神話の真の役割なんじゃないかしら」。
えーと、日本神話って最初に生まれた子がヒルコ(不具の子。障害者?)で捨てられちゃって、でも結局“神様“としてその後活躍してるね…。
「いろんな人がいて、いろんな間違いを犯してしまうけれど、皆共に生きていく…ということを、示してくださっているんじゃなーい?」
こんな風に考えたことがなかった私には、まさにパラダイムシフトですよ。
考えてみれば、スサノヲだって英雄になる前はおねーちゃんのアマテラスが天岩戸に引き篭っちゃうような乱暴狼藉を働いてるし、カグツチなんて父・イザナギに殺されてるし…。そのイザナギ、子まで殺して追いかけたイザナミと、黄泉の国の帰りにはすんごい戦いしてるもんね…(これ、離婚の争いよね…)。
それでも、皆それぞれの場所で、それぞれの力を活かして生きてるんだよねぇ。
じゃあさ、生きててもいいんじゃない?私たちだって。
障害があっても、皆と仲良く出来なくても、上手くいかない時があっても。
神話の中でさえ、神様さえ、「生きてると、いろいろあるよねぇ…105.png」なんだからさ。
ついでに言うと、天使たちも戦ってるね119.png→『失楽園


人間ばかりでなく、すべての命あるものの運命は
どうやら誰かがすべてを描ききれるようなものではない。
命は時の流れに流されながら
命が置かれた景色の無数のありようの中で、
そのつどそのつど喜びを求めて自らの居場所を探す。
そうしたことが繰り返され積み重ねられた結果
命が‘選んだ場所の軌跡が、自ずとその命固有の運命を描く。
あらかじめすべてのことが描かれてあるとしたら
そこに変化がないとしたら、命はどうして輝くことができるだろう。
生きるということは、変化し、変化し続けることにほかならない。
        〜『ドレの失楽園』第十二幕より〜


テンション低くても、変化し続けて、しぶとく生きてみようじゃないですか。
…と、自分にも言い聞かせてみる104.png
ピース オブ アイ
氣学鑑定師 ゆきみ


更新を通知する






by karimeratei | 2019-11-29 20:00 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

7月始まりの手帳と共に。

あっという間に7月。
日々が過ぎるのが早いなぁ・・・と、ボケーっとしていて、現実の年齢と日々の折り合いが付き難いのです。
これも、ある意味「発達あるある」なのか?
そんなボケボケの発達障害当事者、『かりめら亭』氣学鑑定師の島田侑紀朱(ゆきみ)です。




文章を、大して考えずに済む手軽さから、ついついinstagramの更新を優先したりします。
「手軽」というハードルの低さは、大事でもあり、キケンでもありますねぇ。
発達障害の自覚を、この1年ちょっとの間いろいろ考えてきて、手帳もフランクリンプランナーに戻しました(以下、FP)。
7月始まりなので、6月の試用期間中にアレコレイジッて、ミッションステートメントも見直し、一週間コンパスも真面目に書くことにしました。
『7つの習慣』は、手軽さとは真逆です。
自分の価値観は何かとか、行動の管理としての時間管理とか、最優先事項は何かとか、とかとかとか・・・。
最初に取り組んだ時、頭沸騰するかと思ったくらい103.png
20代の終わりにはすでに出会っていたのに取り組まなかったのも、堅苦しさと面倒くささが嫌だったから。
だけど、もしその時に取り組んでいたなら、後のトラブルに巻き込まれずに済んだかもしれない・・・ということを、痛感したのも確か。
何となく、他の人より10年遅れている氣がしていたのだけど、今、実感してもいるのです。
10年遅れていることが若さに繋がるのではなく、「幼稚」だと言うこと。
自分の軸が、どれだけ脆弱だったかに氣が付かされて、使いながら、じんわりと突き刺さってくるのです。
10年遅れでも、取り組めただけマシ・・・と自分に言い聞かせつつ。
そうでないと、発達障害の悪いトコだけが目立ってしまうと思うの119.png


最優先事項』と『人生は手帳で変わる』は、FPを使う上で理解しやすい本だと思います。
FPを使わなくても、考え方として、役に立つとも思っています。
私の場合、氣学を続けていたから・・・ということも、大きいです。
それを、視覚化出来たのがFPということかな、と理解しています。
発達障害だとすでに診断を受けている人、グレーな人(自覚がある人)、何だか行き詰っている人、認めたくなくてもニートの括りに入る人・・・。
スケジュール管理だけでなく、『人生』という視点で考えてみることを、ちょっと取り入れてみるのはどうでしょうか?
もしかしたら、今悩んでいることへの突破口になるかもしれないし、そうではなくても何か氣付きがあるかもしれない。
動いてこそ、運命も変えていけるというものです109.png
大人の発達障害へのサポートは少ないし、まして、子育て世代でもなく、若者でもない50歳・・・。
自分で律していかなきゃ、戒めていかなきゃ、どうにもならないのよねー103.png


明日は、かに座の新月。
手放せるものは手放して、本当の願いを手にいれようじゃああーりませんか?
七夕さまも近いしねー102.png
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI

更新を通知する


by karimeratei | 2019-07-02 20:00 | 偏愛・手帳と文房具 | Comments(0)

どんな種を撒き、刈り取るか。

「ブログジャンルを変えました」と書いてから、ログイン出来なくなって、右往左往していた『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。
お疲れモードの夫に診てもらって、あっさり解決。
発達障害当事者、無駄にオロオロし過ぎですな…119.png


※私は常に「星を観て理解する」ので、不愉快に思われる方々はスルーして下さいませ。

闇営業で謹慎…の方々を観て、運氣の不思議さを考えています。
仲介したというIさんは、本命星五黄土星。
良くも悪くも周りを巻き込んでいく、パワフルな星をお持ちでした。
いつぞやの五黄の総理が仰っていたように、「ぶっ壊す‼️」ことが出来ちゃう星。
五黄を持つご本人たちの運氣は、浮き沈みが激しい人が多いのが特徴です。
…是非、良い力の使い方をしていただきたい105.png
司会に役者にと活躍していたMさんは、本命星は三碧木星。
好奇心旺盛でフットワークが軽いのは良いのですが、転じて軽率、早とちり…となりやすいタイプ。
今年の運氣は好調です…が、『隠れていたことが明るみに出るよ』という年でもあり…。
良い面が明るみに出てくれればいいのですけど、大抵の場合、悪い面が出やすい。
今年の三碧さんがいる位置に廻座した際に、不倫問題が明るみに出て、バッシングや離婚、謹慎…となった方は過去にいらっしゃるわけで。
天から地に堕ちる…と言った感じでしょうか。
Mさんの場合、今年は大転換期にも当たり、この6月は月の運氣がよろしくない。
なので、大きな問題として、人生の課題が現れたのかな?と思いました。
Mさんには『生きるか死ぬか』という意味もある大転換期なのですが(それだけ、人生に関わる転換期)、今回の状況は、まさに仕事上での生きるか死ぬかに値すると思うのですが、芸能界には当てはまらないでしょうか?
三碧や四緑の木星組は、俗に初年運と言われます。晩年運がよろしくないので、若いうちに頑張れ、と。
晩年運に近付いた年齢で、落ちた信頼を回復し這い上がれるか…は、本人次第ではありますが、運氣の波を掴めるかどうか…もかかってきます。
三碧さんの周りには、きちんと助言してくれる人が居ることが、本当に本当に、大事なことです。
だからこそ自分の価値観を知って(発見して)、悔いなく生きることが大切なんだな…ということも、考えさせられます。
足元を、土台を固めることの大切さを。
これだけ大々的になったことで、芸人さんたちの働き方改革等にも繋がり、五黄の破壊力が再生の力として転換されることを願います。


私自身に置き換えてみて。
表面上ちゃんとしている人なら、まして裏を読むことが苦手なアスペであれば、見抜くことは難しいかもしれない…と、危惧しています。
更生しようとしている人であれば、信じたい氣持ちが勝ります。
そういう思いを利用されるとしたら、私は見抜けはしないでしょう。
自分の人生にとって何が大事なのか、悔いなく生きるためには何を優先したいのか…。
発達障害と判ったからこそ、自分の望みや価値観を知り、悔いるような事態にならないように努めたいと思うのです。
そのために、氣学を、レイキを、手帳を、使っていきます。


アイスブルー…
POI

更新を通知する




by karimeratei | 2019-06-26 15:00 | 学び | Comments(0)

争いのない世界へ。

今日もここを覗いてくれたアナタは、どんな人だろうか?
私と同じ、発達障害者だろうか?それとも、カサンドラ症候群に悩んでいるのだろうか?
それとも、鬱を患っているのだろうか?
まったく健全な、でも悩み事がある健常者だろうか?
何れにせよ、ご縁をありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。


音が苦手だと言っても、音楽を必要とする時もあります。
掃除をする時には、洋楽を掛けると捗ります(歌詞に氣を取られないので)。
そんな中で見付けた、こちら。




Avicii 『Waiting for Love』
“意志あるところに道は拓ける”なんて、行動開運学の氣学のことみたい106.png
“明けない夜はない”(で合ってるかな⁈)…そうであって欲しい。
行動することで、自分で決めることで、大切な人や物と出会えて行くと思うのです。
このMVの中で、戦地に旅立った少年を、大切な人の側に行くことを選んで走り出した犬のように。
余計なこと(世間体とか、駆け引きとか…)を考えない分、動物たちの行動はブレないんだろうね、人間より。
走り出した犬は、争いの世界から、少年を救い出したとも言えるよね。

※別バージョンのこちらも好きです169.png





我が家は猫だけど、私がどんな状態になっても変わらない⇒『私も、下僕
動物を虐待する人は、その真っ直ぐな愛情が怖いのかな?と、ふと思うのです…。
争いのない世界となりますように…。
アイスブルー…
POI




by karimeratei | 2019-06-12 18:00 | 学び | Comments(0)

生き方を選ぶ…難しさ。〜THIS IS ME〜

今日、このブログに来てくれたのは、偶然だろうか?
それとも、定期的にチェックしてくれているからだろうか?
或いは、誰かに教えてもらったからだろうか?
何れにしても、ここに来てくれて、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。


前回紹介している『幸せになる勇気』の後半に、
なんでもない日々」が試練となる
なんて、ギョッとする言葉が出てきます。
ほぼ日なら「なんでもない日、おめでとう」の日々が、試練…。
でも、よく考えてみたら、そうなのかもしれません。
何氣なく、毎日、大小の選択をして、日々を積み重ねて行く。
ふと氣付いたら、「これは、本当に望んだ未来だったろうか?」と、呆然としてしまう現実が、目の前に広がっていたりする。
私だけだろうか?
そう考えてみれば、日々は「試練」だ。
真綿で締められていくような、氣付いたら「苦しい」ということがあり得るという点で。
そんな状態にならないよう、私の場合、氣学や『7つの習慣』を今は人生のコンパスとしている。
手帳や易、オラクルカードやアロマ等を使いながら。
鑑定の中で、“絶対の答え”を求める人がいる。
私は、それを“言葉”で伝えることは出来ない。
アナタにとっての“答え”は、アナタにしか解らない。私が“言葉”で教えることは、出来ない。
体感することでしか、経験することでしか、アナタは腑に落とせないのだから。
答えは与えてもらうものではなく自らの手で導き出すものだ
これまた『幸せになる勇気』の中に書いてあって、頷いてしまった。


だいぶ人生を立て直した私でも、人生の大転換期に発達障害だと判ったことは、大きな出来事だった。
「ここまで立て直せたから、受け入れられる準備が出来たんだな」と、前向きに受け止めた…ハズだった。
玉ねぎの皮をむくように、少しずつ解決して、「もう大丈夫かな?」と思っていたけど、まだだったらしい。
ジワジワと、「障害者だ」という自覚が、真綿の鎖となっていることに氣が付いた。
自分の「断り下手」さも痛感して、人生半世紀も生きているのに、泣きたくなった。
あっさり、カミングアウトだってしているのに。
映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌を聴いたら、そこに、私への答えが現れた。



「心の誇りは失わない」
※この動画の和訳が、一番しっくりきました。
「障害者でも、私は私」と、力強くまだ言えない。
言えないけど、必要以上に卑屈にならず、光を見失わないように。
こんな風に、ふと目にした本やテレビ、或いはラジオから流れてくる言葉の中に、必要としている“答え”が現れるのだから、人生、実は優しいのかも?しれない。


自分で自分を傷付けない。
これが出来たら、人生で何を選択したって、悔いはないのかもしれないね。
私もまだまだ、道の途中…。
愛してるよ
ありがとう
POI



by karimeratei | 2019-06-09 15:00 | 学び | Comments(0)