人気ブログランキング |

金の枝に翡翠の葉

karimeratei.exblog.jp
ブログトップ

タグ:氣学 ( 40 ) タグの人気記事

ペイフォワード〜思いの窓を掛け替える〜

1週間に2回は更新しよう♬と考えていた先週、ほんのちょっとのことかもしれないけれど、氣持ちが萎んでしまったら、書こうとかんがえていたことは霧散してしまった…。
動じない精神力の人が、心底羨ましく思えてしまう。
(動じないことと冷たいことは、同じじゃないからねー)


今まで、「お金持ちになりたい」と思ったことはなかった。
想像することが出来なかったし、こうなりたいと思えるお手本のような人には出会えてなかった。
生きていく上で必要なお金はもちろん欲しいけど、経済面での悩みがない状態でさえあれば、上出来と思ってきた。
今の我が家は、私は、願いを叶えていると言える。
だけど…ふと「お金がたーーーーーくさんあったら(稼ぎ出せるなら)、野良猫の保護を氣兼ねなくしてあげられるだろうし、多頭崩壊なんてならない仕組みを作る手助けも出来るのかもしれない…」とか「本当に学びたくて、でも経済的に困窮してるために進学を諦めざるを得ない子に、“足長おばさん“してあげられるかも⁉︎」なんて思いが浮かんできた。
私の中にあった、お金に対するブロックが、また外れたらしい177.png
お金を持ち過ぎて、イイコトなんて無い。
お金をたくさん稼ぐには、私生活も、心身も、台無しになってしまう。
そんな、ブロックが105.png
そうか。お金を稼いでいいのだ。
たくさんの豊かさを、受け取っていいのだ。
私が豊かさを受け取ることで、また誰かに、何かに、豊かさを還元出来るのだから。
これだから、氣学はやめられない。
時間が掛かったとしても、自力で、マインドブロックを外すチャンスを与えてくれる。
方位の力は、私に生きる力を与えてくれているのだ。
さぁ、そうとなれば、ブレイン・プログラミングしよう。
しっかり、『豊かになっている自分』…そうなっている自分を、具体的にイメージしよう。
その輪を広げていけるように。
ペイフォワード〜思いの窓を掛け替える〜_b0374171_12595956.jpg
(フリー素材ぱくたそ)より
お金さん、今までごめんね。
仲良くしましょう110.png


オロオロと動じている暇はないぞー106.png
POI
氣学鑑定師 ゆきみ

更新を通知する


by karimeratei | 2020-01-14 13:07 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

真面目な話。

私は、すでに半世紀生きている人間だけど、「死にたい」と思っている人に「死んではいけない」と言えない。
真っ向から、清々しく論破出来る術を、今も尚持てていない。
そうであっても、若い人が自ら死を選んだニュースを見聞きするのは、辛く悲しい。
韓国の方ですけど、ク・ハラさんの自殺のニュースを見て、とても残念に思った。
彼女の生年月日から星を観ると、
本命星:苦労性の一白水星
月命星:六白金星
同会(役割):五黄土星
傾斜(本質):九紫火星
トラブル解決マンの五黄同会を持っていたからこそ、トラブルを呼び込んでしまったり、自分の中に抱えきれない辛さも溜め込んでしまったのかもしれないけれど…、それに立ち向かいさえすれば、開運していける強さがあったのに。
一度自殺未遂をしたけれど、日本で再起を図ろうとしていたのだよね?
中身が九紫火星だから、それこそ芸能界は適していたのに。
本命星も傾斜も、今年の運氣は良かったけれど…人生の大転換期だったからだろうか…。
この変化は、強過ぎただろうか…。
東日本大震災の時に、個人で寄付をしてくれたのでしょう?
優しい人には、もっと長く生きて、その優しさを周りに振りまいて欲しかったな…。
ク・ハラさんだけでなく、過労自殺をしてしまった高橋まつりさんにしても、何か…何か引き止める術はなかったのかな…と、今でも考えてしまう。
「死んではいけない」と言えなくても、もし話をする機会があったなら「その場から、まずは逃げな」と、言ってあげたかったな。
一旦退却することが必要な時は、人生にはあるもの。
一旦退却して態勢を立て直せば、彼女たちだけでなく、それまで頑張れた人たちは、きっと立ち直って奮起出来るもの。
そうして、アナタの持つ星の良さを、是非、活かして欲しいと思うよ。
手助けとして、もし必要なら、氣学を使ってくれればいい。自分のために、自分で自分を大切にするために。

※私が、「死にたい」と死ぬ方法をアレコレ考えた時、結局「あ、必ず誰かに迷惑かかっちゃうなー…」という点と、死にたい<痛いのは嫌だ‼️という点で、正氣に戻りました142.png
正氣に戻って、「じゃあ…生きるしかないなぁ…」で、今に至ります。※

※※この本を読んでみるのも、いいかも?→『どうせ死ぬのになぜ生きるのか
読んでみて、アナタはどう感じたかな?※※

「死にたい」と思うくらい、心が疲れてしまう時はあるよね。
真っ暗闇の中で、出口が見付からなくて、途方に暮れてしまって。
誰かに、何かに踏みにじられて。
氣学が、そういう時の助けになるといいな。
絶対…と確約は出来ないけど、少しは助けになることを願っているよ。
故人のご冥福をお祈りします。
射手座の新月の日に。
氣学鑑定師 ゆきみ


更新を通知する


by karimeratei | 2019-11-27 18:00 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

開運とは何ぞや。

4ヶ月振りに、更新です。
「手放すって前回書いてたじゃねーか」と、突っ込まれそうですが103.png
まったく更新していない間にも、ここに訪れてくれたアナタ、ありがとう110.png


昨日、『祝賀御列の儀』を、テレビで拝見していました。
皇后陛下雅子様の笑顔は、本当に自然ですね。涙もまた…。
言葉に出来ないであろうアレコレを飲み込んで、それでも笑顔で天皇陛下と共に国民の前に立つお姿に、星通りの方なのだな…と、秘めた強さを尊敬します。
私は、【星を通して他者を理解】しています。
目立つタイプ、影となり奮闘するタイプ、結果が出やすい星、出難い星…。
それぞれの星にはそれぞれに良さがあり、それを活かせれば、生きていく上で苦痛を減らせるのではないかと観ています。
アナタが今望んでいることは、本当に本当に、心底からの望みでしょうか?
時として、周りの影響で(親の期待、情報操作等々)自分の望みではない方へ、行ってしまうことがあるものです。
『開運』とは、“運が開けること、すなわち幸運が訪れること“とWikipediaにありますが、その幸運を活かすも殺すも、結局のところは自分次第
自分が、『どうなりたいか』解っていなければ、まったく望んでいなかった景色が、目の前に広がるだけ…。

ブログを書いていない間に、『五黄殺の連鎖を断ち切るには』というキーワードで辿り着いた人がいらっしゃった様子。
この答えは、ある意味簡単。
向き合うこと。
自分自身と、或いは目の前にある問題と。
先送りにしたのなら、いつかどこかで、或いはすぐに、また同じか同じような出来事と向き合わなければいけない事態になるのです。
方位取りをすることで、向き合える力を得ることは出来ますが、逃げられるわけではない。問題が起こらないわけではない…と申しておきましょう。
向き合う覚悟が出来た人は、昨日の皇后陛下のように、きっとキラキラ輝いていることでしょう。
そして、開運スピードも早まっていることでしょう。

“ブログで伝えること“を手放すことが、私にとって、精神的な幸せに繋がる…と思っていました。
「発達障害」であることが、とてもとても、重くなっていたのです。
発達障害である私が氣学に関することであれ他のことであれ語ることは、「誰の耳にも届かない」と。
だからこそ書けること、伝えられることがあって、他の人から見たらあまりにも細やかなことであっても、私にとっては「幸せ」なことなのだと、手放してみて感じたのでした。
アナタが思い描く『開運』とは、どんなものでしょう?
アナタが望んでいる『幸せ』とは、本当に、まだ手に出来ていないことでしょうか?
わからなくなっているなら、試しに方位取り、してみませんか?
氣学って何さ?と、ちょっとアンテナに触れたなら、是非。
マイペースで、氣学に関すること、時々手帳や猫のこと…を、書いていこうかと思います。

開運とは何ぞや。_b0374171_20444132.jpg
     〈フリー素材ぱくたそ〉より



スタートの日に。
ピース オブ アイ
ゆきみ

by karimeratei | 2019-11-11 20:20 | 鑑定師の呟き | Comments(0)

私は、裏方。黒子の鑑定師、なのよ。

外は大雨…。
鬱でなくても、引きこもってるわけじゃなくても、何だか氣分が冴えなくなるってもんです。
そんな、ちょっとネガティブな精神状態で、ここに来てくれているのでしょうか?
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。


「鑑定に来てくれたらいいのになぁ…」と思うサイトやニュースに出くわしたりすると、ちょっと複雑な氣持ちになる。
凹んでいるなら、今の状態から脱したいなら、上向きになる情報を、改善策を伝えたいと思っているから。
人様の生年月日からいろいろなことがわかったって、個人事業主として税務署に届け出ていたって、正直な話、特殊能力なわけではなく、大して稼げるわけでもない。
…私自身の「稼ごう」という意識の欠如も、絡んでるか105.pngそういう星なので。
時には、あからさまな嫌悪の情や蔑みを受けたりもする。
だから、氣軽に占う側にならない方がいいよ、と本氣で思う。
脚光を浴びる人というのは、どんな職業であれ、一部なのだから。
まして『鑑定師(占い師)』は、裏方でいいのだもの。黒子の存在で、いいのだ。
それでも、「鑑定は、私の天職だ」と続けているし、続けることを夫も認めてくれている。
私の場合、夫がいてくれるから生きていられるとも言えるけれど、その夫と出会えたのも今の土台を築けたのも氣学のお陰なのだから、やっぱり切り離せない。
氣学は行動開運学だと、過去記事でも何度か書いている。
運氣や相性を観るだけでなく、「どうすればいいのか」まで出来るのが、氣学の良さだ。
だから、「人間向上学」とも言える。
発達障害のお前が言うなと思う人もいるのだろうが、だからこそ、だ。
氣学(と私の場合はレイキも)と出会っていなければ、行動し続けていなければ、私も世間を他者を、恨み憎み、暴力沙汰を起こしていないとは限らない。
そう、今の私は思える。
刃(やいば)を手放すことなく、自分の持つ星の悪い面だけが増大している未来でなくてよかったと、本当に思うのだ。
鑑定(占うこと)を躊躇する人は、何に躊躇うのだろう?
例えば私の場合なら、私が発達障害者だから、だろうか?
¥5,000/50分という設定が、高いと思っているからだろうか?
「見えない」ことだろうか?
本当は、変化を望んでなどいないからだろうか?
メール鑑定は中止」と決めたからだろうか?
私の役目は『伝える』ことだから、アナタが「観てもらおう」と思わなければ=変化しよう!と思わなければ、伝えることは出来ない。
特に、実際に会うことを重視しているしね。
伝えたところで、(方位取りを)やるかやらないか、決めるのもアナタであって、私が強制出来るわけじゃあない。
時々、「人のためにやっていると言うならタダで観ろ」と、暴論とも取れることを平氣で言う人がいるけれど、無料ではもう観ない。
“もう”と書いた通り、一時期、私は無料や無料同然で観ていたこともある。
その結果、「これではイカンのだ」と、改めて有料とした経緯がある。
観てもらって当たり前…それじゃあ駄目なのだ。
鑑定だけのことではないけれど、「してもらって当たり前」じゃあないのだ。
まずは、自分が行動しなければ。自分で、決めなければ。
最初の一歩…たった一歩が怖いことも、知ってる。だけど、その一歩がどんなに素晴らしいのか、自身で体感しなくては。
裏方、黒子の鑑定師としては、そうして一歩一歩進んで行く、笑顔が増えるお客さまを見ることは、とても嬉しい。
そして、鑑定自体を必要としなくなる、そんな精神的な強さも身に着けて欲しいと願う。
私(鑑定師)がいなくなっても、たとえ他の占術で悪いことを言われても
ま、いっか。なんとかするさ!
と思えるように。
そう、自分で何とかするさ!となるように。
だから、私は『伝える』だけ。
わざわざ私のところに来てくれる人には、全力で、『伝える』だけ。
2年、方位取りをコツコツと続けているお客さまから
方位取りのおかげで前向きになってる自分を実感!&方位取り先を探す楽しみ。
これを知らないともったいない〜
と言ってもらえた時には、伝え続けてよかったなぁ…とシミジミ103.png
お客さまのお陰で、私も更に成長していけることを、実感している。
(成長出来てないところも、痛感してしまうのだが…)

嘆いて、自暴自棄になるくらいなら、氣学でアナタを観させて欲しい。
騙されたと思って、ちょいと方位取りをしてみて欲しい。お金を掛けなくたって、出来ることはあるから。
自殺なんて、して欲しくない。
暴力沙汰に巻き込まれたり、逆に暴力沙汰を起こす側にも、なって欲しくない。
順調な日々を、不安で潰さないで欲しい。
(私もまだまだ途中だけど151.png)出来れば、ゴキゲンに、日々を過ごして欲しい。
自分で自分を、傷付けないで欲しい。
悲しいニュース苦しいニュースは、減って欲しい!無くなってくれ!と、本氣で思っているのだよ。
アスペルガーでもね。

穏やかな日々を、まずアナタから。
アナタも幸せ。私も幸せ。
※お問い合わせ等は、karimeratei☆yahoo.co.jp(☆→@へ変えて)へお願いします。

POI


by karimeratei | 2019-06-15 15:00 | 日々是好日 | Comments(0)

私の役目は、『伝える』こと。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとう。
お初のアナタ、初めまして。ご縁をありがとう。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何かアナタの役に立つことがあったら、嬉しいな。


「好きな時に、好きな方位に行かせてくれ」
氣学に縁のない人や興味がない人は、きっと思うであろうことを、つい、忘れてしまいます。
基本的に、方位取りは「まず、自分から」であって、たとえ家族や身内であっても、無理強いはダメです。
我が家の場合も、一緒に暮らし始めた時に、「君が方位取りというのをやるのはいい。だけど、僕はやらない」と、はっきり言われましたっけ。
今は、1人でも方位取りに出掛けてくれます。
私が変わっていったことを、プラスに受け止めてくれたから…と理解しています。
それと、共通吉方位で初めて方位取りした際に、何か良いことがあったから…のようです。
やはり、「お⁉︎こ、これは…」という何か体感が無いと、なかなか理解してはもらえないのかもしれません。
身内でも、そうやって最初は毛嫌いしていたのに、今ではプチ方位取りをコツコツ続けてくれている人もいます。
…と、解っていたハズなのに。
解っているからこそ、つい“先を観て”、お客さまに強めに言ってしまうからいけないのですね、きっと。
ご家族間での、トラブルの種にして欲しいわけではないのです。
恋人同士を、不安にさせたいわけではないのです。
方位の吉凶を知ると、やはり、各方位が氣になります。
凶方位だと知ってしまえば、尚更。
《言葉》の限界。』と書きましたが、私の表現の狭さ、なのかもしれません。
或いは、やはり拘り過ぎなのでしょうか…。
それ程、人は“悪いこと”を、怖れていないのでしょうか?
それだけ、大らかなのでしょうか?
私が、感じているより?
それを私が、逆に「怖れさせて」しまうことになるのでしょうか?…120.png

私の中で、吉方位であることは譲れません。
譲れませんが、どんな場合でも優先させるわけではありません。
自分で決められることに関して、吉方位を優先させます。
なので、お客さまから「ここに旅行したい」「引っ越したい」等と聞かれれば、吉か凶かを伝え、特に三大凶方位なら「止めた方がいい」と伝えます。
私にとっては「吉方位だから、ここへ行く」ですが、他の方にとっては逆なのですね。
凶方位であっても、「行きたい」が上回るなら、それが結論です。
強制出来ませんから。
何に優先順位を付けるか、どんな価値観か、その違いが表れているだけです。
その場所に、呼ばれている…のかもしれませんしね?
氣学鑑定師である私にとっては、「吉方位ありき」。
そのための、鑑定です。

先日の逮捕劇も、悪い結果を見せてくれたのだ…と、思い至りました。
その人の元々持っている運勢がどれだけ良いものでも、運氣を知らず、方位を知らず、活かせなかったら、その人の良さがどう悪く出てしまうのか、と。


アナタにとっての「幸せ」は、何でしょう?
私は、言葉の裏を読むのが下手なアスペルガーです。
“匂わせ”とやらは、まったく、解ってないみたいです105.png
鑑定のお申し込み時は、そこにご注意下さいませ。
ごめんね
許してね
愛してるよ
ありがとう
POI





by karimeratei | 2019-03-16 15:35 | 学び | Comments(0)

凶方位について、補足しておきます。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとう。
お初のアナタ、初めまして。ご縁をありがとう。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何かアナタの役に立つことがあったら、嬉しいな。

今年の三大凶方位について、書きました。
自分の中では、すでに当たり前のことだったので書いていないことがありました。
“今年の5月”とは、6日立夏〜6月5日までのことを指します。
すでに旅行計画を立てていて、「わ〜悪い方位かも…」と心配していた方がいらっしゃると思います。
ごめんなさい。
毎月の運氣予報にも書いている通り、運氣の流れは、カレンダーと同じではありません。
(占星術等も、そうですよね?)
その点は、常にお氣を付け下さい。
こうして公開の場に書くことには、限りがあります。
5月の運氣に入る前は、4月17日から『春の土用』期間であり、どちらにせよ旅行には注意が必要な期間です。
とはいえ、こうした期間の影響を受け難い人もいますし、活用出来る方位もあります。
運氣は、個々人で違います。
同じ年生まれであっても、同じ月生まれであっても、「まったく同じ」ではありません。
なので、実際に個別にお会いしてお伝えすることを、大事にしています。
メール鑑定も昨年より受け付けてはおりますが、何度かやり取りをしてみて、正直限界を感じています。
文字だけでも、私の言葉が不足していても、有り難いことに汲み取ってくれる方はいらっしゃるのですが、全員ではありません。
発達障害だから、こういう対応をしてくるのかな?…と悲しくなる対応をする方もいらっしゃいました。
対面で鑑定した方の中でも、フォローのメールのやり取りの中で、多分に誤解をされたのであろうな…という状態で、疎遠になってしまった方はいらっしゃいます。
メールであろうが対面であろうが、合う合わない、という点もあると思います。
星から、「あぁ、やっぱりな…」と思ってしまうこともあります。
発達障害と判明する前も後も、誤解を避けようと自分なりに工夫をしているつもりではありますが、私が思う以上に、もしかしたら的外れなところがあるのやもしれません。
ブログという方法で、実際にお会い出来なくても、無駄に不安に苛まれないように、不安に振り回されないように…という意識で書いていても、逆に、不安を抱かせてしまっている可能性もあるのだな…と、歯痒くも思っています。

自分の運氣を最大限に活かせるよう、チャンスを逃さないで欲しい。
苦しい状況なら、そこに絡め取られないで欲しい。
すべては書けないけれど、書ききれないけれど。
実際に鑑定される時、鑑定師が私であってもなくてもいいのです。
氣学という道具を、活用して下さいね110.png
※うーん…まだエエカッコシイですかねぇ…※


凶方位について、補足しておきます。_b0374171_18441372.jpeg


アナタに伝わりますように。
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI











by karimeratei | 2019-02-26 18:45 | 氣学を活かす | Comments(0)

今年の三大凶方位。2019

今日もこのブログに来てくれて、ありがとう。
お初のアナタ、初めまして。ご縁をありがとう。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何かアナタの役に立つことがあったら、嬉しいな。


嬉しいことに、マンツーマンでスペシャルセミナーをお伝えすることが出来ました。
その際、その方の今後のお引っ越しについても、ちょっと話が広がりました。
通常の吉で転居するより、更に強い吉になる転居の仕方もあるのです。
私まで、今から楽しみになってきました。
そして、吉方位で転居したら、『顕現期』をチェックしておくという更なる楽しみがあるのです。
(遁甲手帳に、記入出来るページがあります)
あぁ、この年は楽しくなりそうだ!とか、運氣低迷期だけど大丈夫そうかな…とかね。
因みに、私は手術した月が顕現期でしたし、ここに越してきてからの大事な人たちとは、顕現期の中でも更に強い時期の出会いでした。
etcetc
鑑定師として、方位を活用して欲しいのです。
吉方位へお出掛けしたり、転居したり出来るに越したことはないと考えています。
考えていますが、すぐには出来ない人もいらっしゃるでしょうし、方位取りが出来なくても大難は出来るだけ避けて欲しいから、特に注意の凶方位をお伝えしています。
その上で、今年、2019年の三大凶方位をお伝えします。
五黄殺 南西
暗剣殺 北東
破壊殺 南東・巳(南寄りの方位)
来る5月が、年と月の星の配置が重なる、方位取りをするのに最適と言える月です。
吉方位へ転居するのに、一番オススメの月なのです。
逆に、凶方位の作用も、高まるのです。
転居は、吉方位となるよう確認します。当たり前ですが。
中には、そう伝えても尚、凶方位への転居を選ぶ方も、いらっしゃいます。
(三大凶方位以外にも、凶方位はあるのです)
鑑定師の私は、「そうですか・・・」としか、言えません。
決定権は、ご本人にしかないからです。
誰かを操りたくて、鑑定をしているわけではないからです。
また、凶方位へ赴く人は、時が来たのかもしれません。
見ないできた何かと、しっかり対峙する必要がある・・・ということです。
一見、とんだ災難・・・になったとしても、後年、「あの時、あの問題と向き合ってよかった・・・」となるのかもしれませんから。
毎年、凶方位は動きます。
毎月、日によっても、作用の大小はあっても、凶方位がゼロ・・・ということは、ないのです。
私は、「大難を出来るなら避けて欲しい」と考えていますが、真っ向勝負出来るタイプの人もいます。
アニメ『ハイキュー‼』の中で、主人公が絶対王者と言われるエースから言われた言葉に、こう反応していました。
「コンクリート出身、日向翔陽です。アナタをぶっ潰して、全国行きます」
こう言えてしまう星の人は、多くはないのですもの。
絶対王者、エースと言われる人と向き合って、「戦えることが楽しい♪」と、どれだけの人が思えるでしょうか。
方位や運に対して、「よかろうが悪かろうが、どっちだっていいんだ‼」と、痛い目を見ても進める強さを持ち続けられる人が、どれだけいるでしょうか・・・。
私は、小心者の怖がりです。
発達障害と判る前から、変化やトラブルにオロオロしてしまうと、何となく理解していました(認めたくなかった)。
だからこそ、事前に運氣を、方位を確認します。
天氣予報を確認して、無駄になったとしても傘を用意するように、出来る最善を、尽くします。
無駄になったなら、それでいいのです。
最善を尽くしたからこその、「何でもない日、おめでとう」なのですから。
アナタが、私ほど小心者でなくても氣になるのなら・・・運氣を、方位を、活用してみて下さいね。
アナタがまず「幸せ106.png」となって、その幸せエネルギーを広げていって下さい。
そうして、占いに一喜一憂せずとも、方位に拘らずとも済む、真の強さが身に付いた時…どれだけ軽やかな人生となることでしょう。


アナタも幸せ。私も幸せ。
ハッピーバレンタイン162.png
POI







by karimeratei | 2019-02-14 14:14 | 氣学を活かす | Comments(0)

主体的な影響の輪を、広げましょ。

今日もこのブログに来てくれて、ありがとう。
お初のアナタ、初めまして。ご縁をありがとう。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何かアナタの役に立つことがあったら、嬉しいな。


すでに「2019年の運氣、出てますねぇ・・・」という方々のニュースを、チラホラ・・・。
(今月の運氣も、加味されちゃってますかね・・・)
コンビであっても、同い年であっても、「中身の星が違うと、やっぱり表れ方は違うなぁ」と、検証にもなります。
とても勉強になりますし、反面教師となってくださって、ありがとうございます( 一人一)
フツーに働いている人の中でも「同じ星を持ってる人たちが、トラブルの火種になっているかもなー・・・」と、推測しています。
もちろん、夫婦、家族単位でも・・・。
周りの人の中で、大らかに受け止められる人、笑いに変えられる人・・・がいてくれると状況は変わりますが・・・。
自力で何とか出来るに越したことはない。
それこそ、主体的に良い波に乗ろうとしないと、ね(^^;
どうせなら、短所としてではなく、長所として‼表したいものです。
周りへの影響が不可避なら、良い影響を与えたいものです。
大坂なおみちゃんのように(^^)b

“小心者”なところが、自分の短所・・・と認識しています(だから、怒りに繋がりやすい・・・怖いからね119.png)。
なので、今年のテーマを、目に見える形に表してみました。
いぇーい♪
ピーンチ‼・・・も、笑ってしまえ169.png(そうなれますように・・・105.png)


ご一緒に110.png
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI



by karimeratei | 2019-02-07 15:15 | 学び | Comments(0)

行先は、どちら?

今日もこのブログに来てくれて、ありがとう。
お初のアナタ、初めまして。ご縁をありがとう。
『かりめら亭』氣学鑑定師で、発達障害当事者の島田侑紀朱(ゆきみ)です。
何かアナタの役に立つことがあったら、嬉しいな。


立春ですねぇ~とお客さまと話している時に、浮かんだのです。
『トレイントレイン』歌:ブルーハーツ
♪栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう♪

せめて、ご縁を紡げたアナタとは、上昇スパイラル、ポジティブスパイラルにご一緒致しましょう。
アナタが、他の人と手を繋げば、その人もまた・・・。
そんな運氣アゲアゲ⤴のご縁が繋がっていけば、「皆、幸せ」のスパイラルに突入です。
傷付け合うより、助け合う関係を。
奪うより、与え合う関係を。
苦しみを知っているアナタなら、悲しみを知っているアナタなら・・・きっと解ってくれると信じています。
私は、大いに理想論を語りましょう。
現実化するように。

新月の今日、希望の種を撒きましょう。
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI


by karimeratei | 2019-02-05 12:27 | 日々是好日 | Comments(0)

2019年の三碧木星さんは、『理想とする自分で行動』ですよぉ♪目立ってちょうだい。

お越しいただき、ありがとうございます。
『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。
テニスに詳しくない私ですが、大坂なおみちゃん、スゴいです‼おめでとうございます‼
世界ランクも、あっという間に世界1位のようですね?
まだ土用は明けていませんが、2019年の三碧木星さんを象徴していますねぇ174.png


大坂なおみさんは、1997年生まれということで、三碧木星さん。
昨年、冬季五輪2連覇を成した六白金星の羽生結弦さんと同じ『天組』、お仲間さん。
結果が出るのが、割と早い星の方々です。
発展の星、行動力旺盛の星、好奇心旺盛の星。
もちろん、長所が短所として出てしまうことはあり得ます。
彼女の場合、コーチが変わってからメンタルが強くなったとか?
三碧さんの弱点は、飽きっぽさ。
好奇心の旺盛さが、ある意味裏目に出る・・・とも言えます。
集中力が長く保てないことに、自分でイラつく人もいらっしゃるかもしれませんね。
それと合わせて、中身にどの星を持っているか・・・も関わってきます。
大坂さんの場合、ちょっとイジけ易い星をお持ち105.pngふてくされたりね。
せっかくコツコツと努力が出来る星を中身に持っているのに、勿体ない。
コーチのサーシャさんという方、1984年生まれの七赤金星さんでした。
大坂さんにとっては『キーパーソンの星』。
環境を整えてくれる星で、且つ、会話上手な星ですもの。
アドバイスがお上手だというのも、頷けます。
彼女の短所としての表れ方が減り、長所として実ったのも、適切な水や栄養(=アドバイス)を与えられたから、なのですね。
人を含む環境の重要度」は、スポーツ選手等有名人の方を例にすると、解り易いかもしれません。
もちろん、ご本人の努力や、アドバイスを受け入れる素直さがあってのことです109.png


星にもグループがあって、イケイケGOGO!なグループと、慎重に考えて補佐するグループと分かれます。
本命星がイケイケグループの大坂さんに、同じタイプのコーチだったら、これだけ短期間に変われたかなぁ?と思います。
また、女性だけど男性性が強い星の大坂さんに、男性だけど女性性が強い星を持つコーチだったから、かみ合わせの良さもあったのかもしれません。
コーチのサーシャさんも、お仕事が楽しいでしょうね。
大坂さんだけでなく、育っていく姿を見られるのですもの162.png
楽しんでこその、七赤さんですからね。


有名人ではなくとも、自分の周りにいる人、環境を、どうか大事にして下さい。
自分で変えられる年齢なら、「どんな風に暮らしたいか、生きたいか」と、選択していくことが運氣upの鍵にもなります。
(差別をしろということではないですよ?)
まだ、親の庇護(誰かの庇護があって暮らしている)の下であっても、「自分はどんな人になりたいのか(どんな人でありたいか)」と考えられると、いいですね。
それが出来なかった私のように、大きな回り道をしないように(^^; モータイヘンヨー
お手本となる姿を見せてくれる、有名な皆々さまに感謝(^人^)

2019年の三碧木星さんは、『理想とする自分で行動』ですよぉ♪目立ってちょうだい。_b0374171_15375655.jpg
周りとの比較ではなく、自分自身と切磋琢磨し合おうね

私もガンバろーっと106.png
アナタも幸せ。私も幸せ。
POI










by karimeratei | 2019-01-28 15:50 | アナタのそばにいる大事な星 | Comments(0)